クラウドバンク「米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド第142号」

米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド第142号
ご紹介している内容はあくまでもデータ取得時点の予定のものです。投資判断を行う前に必ず正確な情報を確認して下さい。

ファンドの基本的な情報

ファンド名米ドル建カリフォルニア不動産ローンファンド第142号クラウドバンク
運用利回り5.10%
実質利回り4.07% (*)
運用期間約8ヵ月
担保/保証「会員限定情報」等に記載
募集金額US$50,000
必要金額US$100~
返済方法一括返済
募集状況(94%)

* 実質利回りは運用期間ベースの予定利回りを募集開始日から払戻予定日までで再計算した当サイト独自の参考値です。

スポンサーリンク

投資スケジュール

  • 募集開始日
    2019.12.02
  • 募集終了日
    2019.12.19
  • 運用開始日
    2019.12.27
    ↑約8ヵ月↓
  • 運用終了日
    2020.08.07
  • 払戻予定日
    2020.09.07

サービス(クラウドバンク)の特徴

クラウドバンクは2013年12月にサービスを開始し、2019年7月現在まで一度も元本棄損したことの無い、安定感抜群のソーシャルレンディングサービスです。
  • 証券会社による運営
  • 融資元本回収率「100%」
  • 実績平均利回り「6.99%」

証券会社による運営

ソーシャルレンディングの募集を行うためには第二種金融商品取引業の許可が必要ですが、クラウドバンクは第一種の許可も取得した証券会社が運営しています。

また証券会社は財務健全性の指標の1つ「自己資本規制比率」の規制を受けるため、他サービスと比較して安定した財務基盤を持つことが伺えます。

融資元本回収率「100%」

クラウドバンクは国内で4番目にスタートした古いサービスであるにも関わらず、2019年6月時点の融資回収率は100%を誇っています。他の多くのサービスで事故が発生している中、無事故を継続しているのは驚異的と言えるでしょう。

実績平均利回り「6.99%」

またその中で、2019年3月末までの3年間の実績平均利回りは6.99%と非常に高い水準を誇っています。もちろん将来いつかは元本を棄損する案件が発生すると思われますが、この利回りで分散投資を行っていればプラスの利回りを得られる可能性が高いでしょう。
口座開設などはこちらへクラウドバンク