オーナーズブック「杉並区新築マンション第1号ファンド第1回 」を読み解く

オーナーズブック「杉並区新築マンション第1号ファンド第1回 」
1口1万円からの不動産投資を行えるOwnersBookさんで新規ファンド「杉並区新築マンション第1号ファンド第1回 」が予告されています。

基本的にOwnersBookで募集されるファンドの予定利回りは5.0~6.0%と他のソーシャルレンディング会社のものに比べると少し物足りないように感じられるかもしれませんが、担保も割りと安全に寄った設計が行われていることが多く、また下図のように追加配当が行われるファンドもあり、私はわりと積極的に投資を行っています。

オーナーズブックで追加配当された例

※追加配当の可能性があるファンドはおすすめポイント欄に予めその記載があります。

今回のファンドの詳細

今回募集されるファンドは2つの物件を包含したものとなりますが、1物件目は5,000万円の、2物件目は50万円の貸付となっており、2物件目は比率的に低すぎるため敢えて無視します。

※法律上1案件でファンドを組めないため他の会社を含めてこのような形となっていることが多々あります。

東京都杉並区永福に所在する新築マンション1棟

と言うわけで1物件目の「東京都杉並区永福に所在する新築マンション1棟」について読み解いてみます。

オーナーズブックさんによるリスク評価

オーナーズブックさんのリスク評価

永福の辺りというと住宅街で渋谷や下北沢、吉祥寺などへも割と近いため若年層や学生さん辺りが住んでいるイメージでしょうか?

竣工直後とのことでOwnersBookさん評価ではリスクが大となっていますが、ワンルームの部屋は春前には学生さんで埋まってくれることも期待できそうですね。

またこちらの物件の貸付先である不動産保有会社さんは直近は赤字決算(赤字幅は僅少)とのことで少し不安が残る内容となっています。

物件の財務構造

物件の財務構造

もし今回のファンドが失敗した場合、担保を売却して投資金額の返却に充てることになりますが、こちらの財務構造から読み解くと、運用期間である1年後までに不動産価格が現時点から76.7%(57.5%+19.2%)を下回らなければ少なくとも元本は戻ってくることが期待できそうです。

※実際には評価額のズレや手数料、税金などでもう少し厳しくなると思われます。

またいつもの地価公示サイトで調べてみたところ、永福周辺の地価はこの1年で4~5%上昇していましたので、これからの1年間で急に地価が23%以上下落することは考えにくそうです。

そのような訳で総じて私は今回のファンドへ投資を行おうと考えています。

なお、現在までに私はOwnersBookさんで110万円の投資を行い、うち30万円が完済されています。

まさおの投資状況(オーナーズブック)

※1ページ目までしか表示していません。

申し込み状況(10/13追記)

下記の通り本ファンドに11万円の投資申し込みを行いました。

「杉並区新築マンション第1号ファンド第1回」申し込み

11万円と半端になっているのは口座に残っていた資金を全額回したためですが、OwnersBookさんのファンドは最低1万円からの申し込みも可能です。

 

 OwnersBook

SBIグループの運営するソーシャルレンディング会社

SBIソーシャルレンディングSBIソーシャルレンディングさんはネット証券や銀行業など幅広く手掛けているSBIグループが運営しているソーシャルレンディング会社です。

常時募集されている不動産担保ローンやカンボジア技能実習生支援ローンファンド、随時募集となるオーダーメード型のメガソーラーブリッジローンファンドやサービサーズローンファンドなど魅力的なファンドが募集されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です