2018年2月

1/3ページ
  • 2018.02.28

LENDEXよ、お前もか!界隈で京都関連ファンドが増えてきている訳

東急リバブルの査定が売りのさんで、この27日より京都府内の民泊事業者を借入人とした「不動産担保付きローンファンド17号」の募集が行われています。 京都府関連のファンドと言うと、ほんの半年くらい前までは目立っていたのはCrowd Realtyさんの京都町屋関連ファンドくらいだったと思います。 しかしその後、さんの「京都市下京区京町家再生第1号ファンド」、つい先日のさんの「不動産担保付き】1,000億 […]

  • 2018.02.27

ポケットファンディング「PF事業支援ファンド1号【一部不動産担保付】」は個人向け融資だけど大丈夫?

さんで2月28日(水)17時から募集予定の「PF事業支援ファンド1号【一部不動産担保付】(二次募集)」は個人事業主への融資となっています。 参考リンク:PF事業支援ファンド1号【一部不動産担保付】(一次募集) 個人向けの融資と聞くとさんで以前募集されていた個人向けのローンファンドの事例のようにデフォルトとなる事もあるイメージがありましたので、本ファンドの内容について問題がありそうか調べてみました。 […]

  • 2018.02.25

maneoとアメリカンファンディング共同案件の構成について

現在さんで募集されている「アメリカンファンディングセレクトファンド」の「テキサス州アーリントン市 米国不動産事業資金ローンへの投資」案件はアメリカンファンディングさんとの共同募集案件(ただしアメリカンファンディングでは既に全額募集完了)となっています。 ただ両サービスで募集される際の条件がそれなりに異なっているためそれぞれの条件を比較し、またファンドの全体的な構成についてご紹介したいと思います。 […]

  • 2018.02.24

みんなのクレジットの決着と債権の行方

みんなのクレジットより残念なお知らせがありました。 みんなのクレジットの決着内容の要約 つらつらと説明がされていますが要約すると次の内容となっています。 担保のうち早期換金可能な物や資産はすでに返済資金に充当済みのため、貸付金返還請求訴訟の提訴は取り止め、債権回収会社への債権譲渡とする。(返済資金部分がみんなのクレジットへの充当分かについては不明) 投資家への返金は債権譲渡の決済完了後に預託金残高 […]

  • 2018.02.20

証券取引等監視委員会によるラッキーバンクへの行政処分勧告とその内容について

既にご存知の方も多いと思いますが、本日付けで証券取引等監視委員会からさんへの行政処分勧告が公表されました。 参考サイト:ラッキーバンク・インベストメント株式会社に対する検査結果に基づく勧告について さんと言えば2014年に開始した比較的古参のソーシャルレンディングサービスであり、また「全件、不動産担保付で、安心・安全」をモットーとして人気を集めているサービスでしたのでショックを受けた方も多いのでは […]

  • 2018.02.19

maneo「【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンド【第5弾】」は勝負手かも?

日本最初のソーシャルレンディングサービスでシェア断トツ№1のさんの成立ローン成約が1,000億円を突破したのは昨年末の12月22日のことでした。 (maneoさんの過去の歩みの状況などをご紹介した記事はこちら) そして今年に入ってからこの「1,000億円突破」を記念したローンファンドは今まで第1~4弾まで募集されてきましたが、「記念ファンドにしては利回りが高くは無さそう」とか「何故か国内ではなく海 […]

  • 2018.02.15

プレリートファンド初のホテルファンドは売却益分配型だけど要注意!

先日プレリートファンドさんで募集されたヘルスケア・プレリートファンドの「イリーゼ宮の森」案件は募集開始から瞬く間に完売してしまい、開始時間を失念していた私は非常に悔しい思いをしてしまいました。 そしてそんな私のようなのんびり屋の投資家に忖度した訳でも無いと思いますが、2月16日12時からプレリートファンドさん初となる「ホテル・プレリートファンド」の募集が行われます。 このため明日の募集に備えて、今 […]

1 3