ほぼ全サービスの募集ファンド一覧はこちら

サービス比較

サービス比較

サービス比較企画第5弾:サービスごとの貸金業登録の状況とその意味について

日本国内で貸金業を営むためには、貸金業法に従って主たる営業所等の所在地を管轄財務局長又は都道府県知事で登録する必要があります。 参考リンク:貸金業法改正等の概要(金融庁:PDF) また貸金業登録を許可されるためには「最低純資産額...
サービス比較

サービス比較企画第4弾:サービスごとの金融商品取扱業登録の状況とその意味について

ソーシャルレンディングに限らず日本でファンドの公募を行うためには金融商品取引法に従い第二種金融商品業者としての登録が必要です。 またその登録を受けるためには経営者の経歴や資本金などの要件を満たす必要があるため、許諾を得た企業にはそれな...
サービス比較

サービス比較企画第3弾:入手出金手数料とその軽減対策

株式や投資信託を扱う多くの証券会社の場合と異なり、ソーシャルレンディング投資では入出金手数料が必要となることが多々あります。 1回につきたったの数百円・・・そう思える方には必要ありませんが、そうでない多くの方のために各サービスの入出金...
サービス比較

サービス比較企画第2弾:登録ユーザー(投資家)数を比較

前回の記事「サービス比較企画第1弾:サービス提供期間の長さを比較」に引き続き、サービス提供会社自体が破たんするリスクを極力回避するための指標の1つとして、各サービスのユーザー数をご紹介します。 各サービスのユーザー数(半自動取得)...
サービス比較

サービス比較企画第1弾:サービス提供期間の長さを比較

ソーシャルレンディング投資を行うにあたって最も考慮する必要のあるリスクは、投資を行う個別ファンドのリスクではなくサービス提供会社自体が破たんするリスクだと考えています。 何故なら現時点ではサービス提供会社が破たんした際の投資家の資金へ...