ほぼ全サービスの募集ファンド一覧はこちら

エメラダ・エクイティから注目案件「アクアビットスパイラルズ」登場!

株式投資型クラウドファンディングのエメラダ・エクイティで9月6日(木)の午前8時から新案件「株式会社アクアビットスパイラルズ」の募集が開始されます。

最近エメラダ・エクイティではナックルボール、キャッシュバックアプリのキャッシュビーと募集案件が増えてきていますが、個人的に今回の案件が面白そうでしたので、「アクアビットスパイラルズ」についてご紹介します。

スポンサーリンク

アクアビットスパイラルズとは

今回募集されるアクアビットスパイラルズは2009年設立、近距離無線通信を活用した情報配信プラットフォームの提供を主な事業内容としており、IoT情報配信カード「スマートプレート」の開発、サービス提供をメイン事業とする企業です。

スマートプレートとは

スマートプレートとは特別なアプリのインストール不要で、スマートフォンをかざすだけで導入企業の様々なデジタルコンテンツを配信できるバッテリーとメンテナンスが不要なデバイスです。

スマートプレート

利用シーンの1つですが、冷蔵庫にスマートプレートをマグネットで貼り付けておき、馴染みのピザ屋にスマートフォンをかざすだけで商品を注文できる、というようなイメージになるようです(ピザハットでテストマーケティング済)。

少しAmazonダッシュボタンの仕組みに似ているような気もしましたが、スマートプレートの場合はダッシュボタンのようにプライム会員などにならずに利用できる点、1枚のプレートに複数サービスを同居させることが出来る点などで差別化できているようです。

また他の利用シーンとして駅のスタンプラリーやスーパーで野菜などのレシピ配信、ホテルでの外国人向け情報提供など、様々な形での使われ方が挙げられています。

豊富な利用実績

またこのスマートプレートにはすでに多くの大手企業で利用されている豊富な実績があります。

東急電鉄、三井不動産、NTT東日本、マイクロソフトなど

ベンチャー企業の商品はどんなに物が素晴らしくても売れなければ立ち行かなくなりますので、これだけの実績はその点の不安を解消してくれそうですね。

EXITに向けて

アクアビットスパイラルズは2015年から2017年に掛けて次の企業から第三者割当増資により合計1億8,000万円を調達しており、恐らくM&AではなくIPOでEXITしようとしているのではないでしょうか。

  • 東急エージェンシー
  • K&Pパートナーズ
  • グローブアドバイザース
  • フリービットインベストメント

エメラダ・エクイティについて

エメラダ・エクイティは自身による目利きだけでなく、すでに他のVCやエンジェル投資家が目利きが行った企業に限って募集を行うことにより、株式投資型クラウドファンディングサービスの中でもなるべくリスクを下げた案件を用意しています。

株式投資型クラウドファンディングは通常のソーシャルレンディングに比べてリスクは高めとなりますが、応援したい企業に直接投資を行い、その成長を共有することができ、またIPOやM&Aでより高いリターンも期待できますので、ご興味のある方は投資を検討してみてください。

エメラダ・エクイティ