ほぼ全サービスの募集ファンド一覧はこちら

この週末にチェックしておきたい各社のキャンペーンファンド(12月23~24日)

明日はクリスマスイブですね。夜にお出掛けする方も多いと思いますが、あいにく全国的に天候があまり良く無いようですので傘をお忘れなく。

さてそのような中、ソーシャルレンディング各サービスでは様々なキャンペーンファンドの募集が行われています。例えば投資金額に応じてAmazonギフト券が貰える物、あるいは普段よりも募集利回りを高く設定している物など。

このため、お出掛けの前に少しお時間をとって各サービスのキャンペーンファンドを確認してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク

クラウドバンク

クラウドバンクでは、期間中の対象ファンドへの投資金額の合計額に応じてAmazonギフト券が貰えるクリスマスキャンペーンを実施中です。

キャンペーンの詳細はクラウドバンクにお任せするとして、対象となっているファンドをいくつかピックアップしてみます。

ファンド情報利回り運用期間最低金額募集総額
クラウドバンク「太陽光発電ファンド214号」太陽光発電ファンド214号 担保有7.2%9ヵ月1万円~2,700万円
クラウドバンク「太陽光発電ファンド217号」太陽光発電ファンド217号 担保有7.2%9ヵ月1万円~2,700万円
クラウドバンク「不動産担保型ローンファンド第138号」不動産担保型ローンファンド第138号 担保有 保証有6.4%8ヵ月1万円~2,650万円

クラウドバンクは、日本のソーシャルレンディングサービスの中でも老舗のサービスに入ります。

他のサービスと比べると利回りは普通に見えてしまうと思いますがその点を考慮すると、それぞれ悪くは無い利回りではないでしょうか。

ガイアファンディング

ガイアファンディングでは「成立ローン総額50億円突破記念」として現在、下記のファンドを募集しています。

ファンド情報利回り運用期間最低金額募集総額
ガイアファンディング「成立ローン総額50億円突破記念ローンファンド」成立ローン総額50億円突破記念ローンファンド3号担保有11.0%7ヵ月3万円~2,150万円
ガイアファンディング「成立ローン総額50億円突破記念ローンファンド」成立ローン総額50億円突破記念ローンファンド4号担保有11.0%7ヵ月3万円~2,620万円

ガイアファンディングで募集されるファンドの利回りは普段、10.0%となっているため1ポイント利回りが高く設定されています。

また表には記載していませんが全て円建てでの投資となっていますので、為替変動に不安がある方も投資を検討してみては如何でしょうか。

※不動産担保評価については為替の影響を受けます。

クラウドリース

クラウドリースでは「ウィンターキャンペーン」として現在、下記のファンドを募集しています。

ファンド情報利回り運用期間最低金額募集総額
クラウドリース「ウィンターキャンペーンローンファンド」ウィンターキャンペーンローンファンド3号 11ヵ月運用 担保有 保証有12.0%11ヵ月3万円~855万円
クラウドリース「ウィンターキャンペーンローンファンド」ウィンターキャンペーンローンファンド3号 10ヵ月運用担保有 保証有12.0%10ヵ月3万円~855万円
クラウドリース「ウィンターキャンペーンローンファンド」ウィンターキャンペーンローンファンド3号 9ヵ月運用担保有 保証有12.0%9ヵ月3万円~855万円

クラウドリースは以前は利回り10.0%のファンドが多かったように思いますが、最近は11.0%や12.0%の物も普通になっているように思います。

このため目立った利回りではないかもしれませんが、12.0%という数字自体がそもそも普通よりも高い利回りですので、そこに魅力を感じる方は投資を検討してみては如何でしょうか。

アップルバンク

アップルバンクでは現在、「ウィンター特別キャンペーン」と「登録ユーザー数1,500人突破キャンペーン」の2種類のキャンペーンファンドを募集しています。

ファンド情報利回り運用期間最低金額募集総額
アップルバンク「【不動産担保付き】登録ユーザー数1,500人突破キャンペーン第1弾」【不動産担保付き】登録ユーザー数1,500人突破キャンペーン第1弾 3号 担保有11.0%3ヵ月2万円~505万円
アップルバンク「【不動産担保付き】登録ユーザー数1,500人突破キャンペーン第1弾」【不動産担保付き】登録ユーザー数1,500人突破キャンペーン第1弾 4号 担保有11.0%3ヵ月2万円~505万円
アップルバンク「【不動産担保付き】ウィンター特別キャンペーン第2弾」【不動産担保付き】ウィンター特別キャンペーン第2弾 3号 担保有12.0%4ヵ月2万円~505万円

アップルバンクは普段は8.0%~10.0%のファンドが多いように思いますので、この11.0%、12.0%の利回りは少し高目に設定されたファンドだと思います。

また運用期間も3~4ヵ月と短めに設定されていますので、この点も合わせて投資を検討してみては如何でしょうか。

maneo

最後に、昨日成立ローン総額1,000億円を突破したばかりのmaneoでは現在、下記のファンドを募集しています。

ファンド情報利回り運用期間最低金額募集総額
maneo「ウィンターキャンペーンローンファンド」ウィンターキャンペーンローンファンド30号 担保有4.5~7.5%13ヵ月5万円~3,675万円
maneo「ウィンターキャンペーンローンファンド」ウィンターキャンペーンローンファンド32号 担保有5.0~7.5%13ヵ月5万円~3,514万円
maneo「ウィンターキャンペーンローンファンド」ウィンターキャンペーンローンファンド34号 担保有5.0%13ヵ月3万円~2,005万円
maneo「ウィンターキャンペーンローンファンド」ウィンターキャンペーンローンファンド35号 担保有5.0%13ヵ月3万円~650万円

maneoはご存じの通り日本初、そしてシェア№1のソーシャルレンディングサービスです。

このため利回りは比較的落ち着いており、キャンペーンファンドと言えど他の新しいソーシャルレンディングサービスに比べると驚く利回りは設定されることは多くはありません。

ただし今までの、特に法人向け融資では貸倒0件という実績に魅力を感じる方はお試しで投資を検討してみては如何でしょうか。