利回り5.5%!OwnersBook「新宿区レジデンス用地第1号ファンド第1回」の内容は?

利回り5.5%!OwnersBook「新宿区レジデンス用地第1号ファンド第1回」の内容は?

OwnersBookさんで募集されるファンドと言えば、20%以上余力のある不動産担保が付き投資資金の保全が図られている代わりに、利回りが5%以下と他のソーシャルレンディングサービスに比べると若干低目の条件で募集されることが通例となっています。

そのOwnersBookさんから今回、利回りが5.5%といつもより少しばかり高めのファンド募集予告が行われていますので、その内容について確認してみます。

ファンドの基本的な情報

基本情報
期待利回り5.5%
運用期間1年2か月(2018年01月12日投資実行~2019年02月20日償還予定)
担保根抵当権
募集総額8,050万円
最低投資金額1万円~
元本返却方法一括返済
期中配当毎四半期
募集開始予定2017年12月13日 18時

ファンドの詳細な情報

今回のファンドは2つの物件で構成されていますが、1件目は8,000万円、2件目は50万円の貸付と、いつも通り2件目は比率が低いため無視します。

※ソーシャルレンディングでは貸金業法に抵触しないように多くの場合、1つのファンドは複数の案件で構成されています。

東京都新宿区西落合に所在するレジデンス用地

1件目の「東京都新宿区西落合に所在するレジデンス用地」について確認してみます。

※レジデンスとは本来は邸宅を指す言葉のようですが、日本では高級なマンションやアパートのことと考えておけば良いようです。

リスク評価

リスク

 

ロケーション東京都新宿区西落合
稼働率単位:%分析対象外(レジデンス用地のため)
スポンサー クレジット設立3年超の総合不動産会社

稼働率単位のリスクが分析対象外となっていますが、通常は募集されるマンションや商業ビルのファンドで、稼働率(入居率)が高ければリスク小、低ければ大となります。

今回の対象不動産は「東京都新宿区西落合に所在するレジデンス用地」、つまり上物がまだ存在していないためこの部分は仕方ないですね。

またスポンサークレジットの貸付先の総合不動産会社が設立から3年を超えており、また経常利益もここ3年安定している点は安心できます。

物件の財務構造

OwnersBook
評価額
1億200万円
シニアローン(今回の投資)
8,000万円
(78.4%)

ファンドが成功した場合は関係ありませんが、失敗した場合は担保を売却して返済にあてることになります。

そこでこの表を見ると担保不動産の現在の評価額に対して今回のファンドで貸付を行う金額は78.4%となっていますので、運用期間である約1年2ヵ月の間に不動産の価値がこれを下回らなければ少なくとも元本は戻ってきそうです。

※どのような担保でも評価額の通りに売却できるとは限らず、また売却時に手数料や税金分が差し引かれることも想定しておきましょう。

ちなみにこちらのサイトによると、周辺地価は2013年から2017年にかけて上昇、ここ1年でも2.5%上昇している地域もあるため、運用期間中に担保不動産の価格がこれを下回る可能性は高くはなさそうに感じられます。

まとめ

今回のファンドは利回りが5.5%とOwnersBookさんでは少し高めに設定されていますが、これは建物部分がこれから建築されるためでしょうか?

ただ、担保余力が21.6(100-78.4)%といつも通り十分に設定されており、また周辺地価も上昇中のため積極的に投資を行いたいと考えています。
 

OwnersBook
Advertisement

オーナーズブックカテゴリの最新記事