キャッシュバックやプレゼント情報はこちら!

トラストレンディング「不動産担保付ローンファンド104号」は直前の類似ファンドと記載内容が変化。

トラストレンディングで2月9日(金)19時から募集予定の「不動産担保付ローンファンド104号」は、その内容から恐らく直前に募集されていた「103号ファンドなどと同じ投資先(担保なども同じ)のようですが記載内容が微妙に変化していましたので、その内容についてご紹介します。

トラストレンディング
トラストレンディング

公共事業に投資する高利回りファンドの募集などにより大きな人気を集めているサービス。

  • ノンバンクとして長年の実績あり
  • 8~12%の高利回り案件を募集
  • 投資先は公共事業などが多数
  • 誕生日プレゼントや年賀状が届くことも
スポンサーリンク

ファンドの基本的な情報

今回の104号ファンドと、直前の103号ファンドの内容を簡単に比較してご紹介します。

104号103号
募集金額3,010万円
期待利回り7.00%7.50%
最低投資金額10万円
運用期間4ヵ月5ヵ月
担保有り(物件に対する極度額3億5,000万円の第一順位根抵当権仮登記)
保証無し

残念ながら利回りが0.5ポイント低下していますが運用期間が短くなっている分、リスクも下がっていると考えても良いかもしれませんね。

ファンドの詳細な情報

記載内容が変わっていた点

今回のファンドが前回の103号ファンドから変わっていた点は、投資先の借入人がトラストレンディングの運営会社である、エーアイトラスト株式会社さんの関係会社であることが明記された点です。

※本借入人は当社(エーアイトラスト株式会社)の関係会社に該当します。
※本借入人はトラストレンディングでの貸付、返済及び完済実績があります。

トラストレンディング「不動産担保付ローンファンド104号」

残念ながらその理由は定かではありませんがエーアイトラスト株式会社さんは最近、取締役に財務省出身のメンバーの方を続々と迎えており、もしかするとそのような方々から何か指摘やアドバイスがあったのかもしれません。

ただ投資先が少しでも明確になることは、投資家にとってはその分リスクを判断する材料が増える事になりますので歓迎すべき変化だと考えています。

エーアイトラスト株式会社の関係会社とは?

少しでもヒントを与えられると、その情報をたどって答えを探そうとしてしまうのが私の悲しい性。

そのような訳でファンドの情報などを元に関係会社を探してみたところ、株式会社ネットスタジアムさんが次の点で条件に近いように思われました。

  • エーアイトラスト株式会社さんと代表取締役(松本 卓也氏)と住所が同じ
  • 東京23区の不動産投資。企画、設計、施工、入居募集、建物管理などを行っている。
  • マンション建設用地の募集も行っている。

もちろんソーシャルレンディングでは基本的に投資先の情報を匿名化する必要があり、トラストレンディングが「はいそうです」と宣言することは考えにくいため、あくまでも参考情報としてご利用下さい。

担保物件について

こちらの担保物件(東京都品川区、JR目黒駅から9分(電車3分+徒歩6分)の物件)ですが、下記のエントリでその所在地を予想していましたので、ご興味のある方は合わせてご確認下さい。

トラストレンディング
トラストレンディング

公共事業に投資する高利回りファンドの募集などにより大きな人気を集めているサービス。

  • ノンバンクとして長年の実績あり
  • 8~12%の高利回り案件を募集
  • 投資先は公共事業などが多数
  • 誕生日プレゼントや年賀状が届くことも