ほぼ全サービスの募集ファンド一覧はこちら

【1/26募集】【9%】トラストレンディング「不動産担保付ローンファンド47号」への投資ジレンマ

今でこそ募集するファンドが募集開始から数分で完売する人気ソーシャルレンディングサービスとなりましたが、実はトラストレンディングは1年程前は某掲示板サイトなどでは「怪しい」と囁かれることもあるようなサービスでした。

トラストレンディング
トラストレンディング

公共事業に投資する高利回りファンドの募集などにより大きな人気を集めているサービス。

  • ノンバンクとして長年の実績あり
  • 8~12%の高利回り案件を募集
  • 投資先は公共事業などが多数
  • 誕生日プレゼントや年賀状が届くことも

それは1年前には今ほどはソーシャルレンディング投資の認知度が高くなかったこと(今も高いかと言うとあれですが)、サイトの作りが若干古い感じの作りであったこと、新規会員登録でのキャッシュバック金額が当時としては豪華であったこと(最近はみんなのクレジットのキャッシュバックが凄すぎてそのイメージは薄れました)、利回りが高かったことなどが原因でしょうか。

トラストレンディング新規会員特典

※現在も続くキャンペーンですが当時は5,000円のキャッシュバックはかなり豪華でした。

その状況に対して果たしてトラストレンディングは、特に反論をするでもなく淡々とファンド募集を継続して実績を積み、またもともとは他の事業も長らく継続していた会社であることもあり、今の状況まで至ったのでは無いかと考えています。

スポンサーリンク

1/26募集のファンド

1/26に募集開始されるファンド「不動産担保付ローンファンド47号」は以前ご紹介したファンドの第8次募集の物となります。

この時はファンドの利回りは9.5%ありましたが、今回の募集ファンドは0.5ポイント下回って9.0%に設定されています。

また運用期間こそ12か月と同じになっていますが、運用開始/終了日が遅くなっていますので若干リスクは高くなっている可能性もあります。

このため確かに本ファンドは9.0%と高利回り、かつ東京都内で流動性の高い地域(または城南エリア)の不動産担保が付く良ファンドには思えますが、比較すると微妙にも感じてしまいます。

ジレンマ

ただ、1/12にラッキーバンクで募集された同じく東京都内の流動性の高い地域(港区)の不動産担保が付き、利回りは本ファンドよりも低い8.70%のファンドでも10分に満たずに完売しましたので、本ファンドも利回りが以前よりも下がっているとはいえそれ以上ではあり、長時間掛からずに完売してしまいそうなので投資すべきかどうか悩んでしまいますね。

本ファンドに対する私個人の投資スタンス

本ファンドに対する私個人の投資スタンスは中立です。

同系列で第1次募集ファンドであれば積極的に投資を行っていたと思います。

本ファンドは投資リスクを踏まえた上で投資資金の余裕があり、まだ本ファンドの一連の募集時に募集していなかった方は投資を考えられても良いかもしれません。

とは言え長い時間は掛からずに完売する可能性もあり、その辺がジレンマですね。

トラストレンディング
トラストレンディング

公共事業に投資する高利回りファンドの募集などにより大きな人気を集めているサービス。

  • ノンバンクとして長年の実績あり
  • 8~12%の高利回り案件を募集
  • 投資先は公共事業などが多数
  • 誕生日プレゼントや年賀状が届くことも