LENDEXの新規口座開設から初投資まで何日必要か

LENDEX

しばらくブログ更新が滞っていた間、新しいソーシャルレンディング会社の口座開設も行っていなかったため、今回新たにLENDEXさんで口座開設を行い初めての投資を行ってみましたのでその経過についてまとめてみました。

行程 経過
ウェブページでの口座開設申込 10月26日(木)20時30分~21時ごろ
認証コードの到着から登録 10月28日(土)12時ごろ簡易書留で受け取り
投資資金の入金 10月29日(日)に住信SBIネット銀行で振込申込実施
10月30日(月)6時48分に住信SBIネット銀行から振込予約実行メール
10月30日(月)8時57分にLENDEXから入金確認メール
投資実行 同10時8分に投資申込実施
投資成立 同12時9分に投資申込率が100%となり投資成立
同13時2分にLENDEXからファンド成立メール

ウェブページでの口座開設申込

ウェブページでの口座開設申込に掛かった時間は30分程度でした(途中でメールが送付される工程があるため状況により異なると思います)。

口座開設の手続き自体は口座開設のトップページでマニュアルが配布されているため、あまり悩まずに記入を進めることができると思います。

ただ項目ごとに必須入力なのかどうかが記載されておらず戸惑うこともありましたので、この辺も改善されると良いですね。

認証コードの到着から登録

LENDEXさんも私も同じ東京都と言うこともあると思いますが、ウェブページでの登録から1日空けたほんの2日目に簡易書留で届きました。

LENDEX(認証コード)

ソーシャルレンディング会社での口座開設は通常の証券会社などのそれと比べると感覚的に早い傾向がありますが、LENDEXさんのスピード感も素晴らしいですね。

あとは中に入っている書類に記載された認証コードをマイページから送信することで投資口座への入金、投資が可能となります。

LENDEX(認証コード登録)

投資資金の入金

投資資金の入金はマイページ左側にある「投資金振込先(投資講座)」に記載のジャパンネット銀行ツバキ支店普通口座に割り振られた口座番号に行います。

という訳で今回私は認証コードが届いた翌日の日曜日に、住信SBIネット銀行からこちらの口座に振込申込を行ったところ、翌月曜日の8時57分にLENDEXさんから入金を確認した旨のメールを受け取りました。

LENDEXさんの営業時間は「土日、祝祭日を除く平日10:00-17:00」とのことですので、どなたか社員の方が早めに対応して下さっているのか、あるいはシステム化によって自動的に確認しているのでしょうか。

いずれにしても朝9時前から口座を確認して貰えるのは早目に投資したい場合にありがたいですね。

投資実行

あとは実際に投資の実行を行うのみです。

①自分が投資を行いたいファンドのページを開き、その一番下にある「この案件に投資する」ボタンをクリックします。

レンデックス「案件投資画面」

②表示されたページの下に「契約締結前交付書面」と「匿名組合契約約款」がありますのでこれをダウンロード、確認した上で投資金額の入力、投資申込を行います。

レンデックス「案件投資画面」②

あとは次のページで投資金額の再確認を行い、投資申込を実行します。

その後、LENDEXさんからファンド成立のメールがくれば投資の契約が締結完了となります。

運用予定の確認

運用予定の確認はマイページの「運用予定表」から行ってください。

レンデックス「運用予定表」①

確認したいファンドの「明細」ボタンをクリックすると詳細な明細を確認することができます。

レンデックス「運用予定表」②

この画面は個人的には他のソーシャルレンディング会社さんの物よりも見やすいかな?と感じました。

新規口座開設から初投資までに必要だった日数

最初にまとめてはいますが、新規口座開設は26日の21時頃、初投資完了は30日の10時頃でしたので、新規口座開設から初投資までに要した時間はおおよそ3日半程度となりました。

平日に簡易書留などの郵便物を受け取ることが難しいサラリーマンの身としては、ほぼ完ぺきなスケジュールで進捗できたのではないかと思います。

LENDEXさんはまだ新しいソーシャルレンディング屋さんで、多くの投資家さんたちから信頼を築くのにまだしばらく時間が掛かるかもしれませんが少なくとも私は今回の対応に、これからこの業界で頑張っていくぞ、とのやる気を感じることができました。

東急リバブルと業務提携中のソーシャルレンディング会社!

LENDEXLENDEXさんは募集するファンドの担保不動産について東急リバブルと業務定型し、その査定結果を利用することで担保価値の見積り精度を高めています。

また小口で短期と相対的にリスクが低く、かつ10%もの利回りの投資ファンドを募集するなど、これからが期待できるソーシャルレンディングサービスかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です