東証プライム市場基準適合企業Grの新サービス(記事)

ユーザー数を比較

ユーザー数の多さはそのサービスの人気を表し、また人気のあるサービスはその分、売上や利益も高いことが期待されるため、サービスの安定性を計る1つの指標となります。

このためユーザー数の多さを1つの指標として投資先を検討してみるのも如何でしょうか。

ユーザー数を公表しているサービスのみご紹介しています。
2021年10月17日の最新データ
サービスユーザー数
Rimple100,000人
maneo87,246人
SBIソーシャルレンディング61,972人
クラウドクレジット52,839人
Funds30,000人
OwnersBook24,782人
利回りくん20,000人
SAMURAI FUND10,000人
グリーンインフラレンディング7,406人
ラッキーバンク7,000人
ガイアファンディング6,450人
クラウドリース6,432人
キャッシュフローファイナンス4,030人
アメリカンファンディング3,973人
アップルバンク3,432人
トラストレンディング3,263人
プレリートファンド3,220人
ネクストシフトファンド1,229人
終了したサービスやファンド募集休止中のサービスは非表示にしていますが、確認したい場合はこの辺りをクリックしてみて下さい。
タイトルとURLをコピーしました