新ソーシャルレンディング会社「さくらソーシャルレンディング」の正体を推測(正解でした)

さくらソーシャルレンディングはもうまもなく!

maneoマーケットグループを運営しているmaneoさんで新ソーシャルレンディング会社「さくらソーシャルレンディング」が明日12月16日(金)にオープンするとの紹介がされています。

この新ソーシャルレンディング会社さんの登場にあたって最も驚きだったのは、その所在地が東京ではなく福岡県福岡市の博多駅前、つい先日陥没事故が起きた場所のすぐ近くにあり、東京外の日本のソーシャルレンディング会社では(恐らく)初めての会社さんであることでしょうか。

この辺りの情報は下記のサイトに掲載されていました。

https://www.houjin.info/detail/3290001075290/

そう言えばSBIソーシャルレンディングと協業してファンドを提供している玄海インベストアドバイザーもありました。

今回の「さくらソーシャルレンディング」さんは福岡県で独立したソーシャルレンディング会社としては初めての会社だと思われますが、福岡県は意外にソーシャルレンディングに適したファンドが見つかりやすい地域なのかもしれません。

福岡県と言えば政令指定都市での人口増加率も1位となっており、その分投資機会も多いのでしょうね。

「さくらソーシャルレンディング」さんの正体

さて、「さくらソーシャルレンディング」さんの正体ですが、私は株式会社ビーブレインクリエイションさんと何らかの関係があるのではないかと見ています。

http://bbraincreation.co.jp/

こちらの会社さんですが元々大分県のカー用品店から始まり、現在は東京に本社を持ちアミューズメント事業(パ○ンコでしょうか)に手を広げていらっしゃるようです。

となると、クラウドリースさんのような感じになるのかもしれませんね。

あくまでもこれは私の推測ですが・・・当たってますでしょうか。

アメリカンファンディングさんの時は事前に予想が当たりましたが、今回も当たることを祈っています。

追記(2016/12/16)

「さくらソーシャルレンディング」さんはやはり株式会社ビーブレインクリエイションさんと関連がありましたね。

さくらソーシャルレンディング株式会社 代表取締役 岩田直樹(いわた なおき)氏は株式会社ビーブレインクリエイションの代表取締役でもありました。

あとは扱われる案件がどうなるか・・・ですが、ひとまず現在募集予定となっているファンドは横浜市のビルメンテナンス事業者と鹿児島の太陽光業者のようです。

アミューズメント事業者へのファンドはそのうち登場するのかもしれませんね。

OwnersBook 

東急リバブルと業務提携中のソーシャルレンディング会社!

LENDEXLENDEXさんは募集するファンドの担保不動産について東急リバブルと業務定型し、その査定結果を利用することで担保価値の見積り精度を高めています。

また小口で短期と相対的にリスクが低く、かつ10%もの利回りの投資ファンドを募集するなど、これからが期待できるソーシャルレンディングサービスかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です