新サービス「アップルバンク」と母体企業など

アップルバンク

不動産デベロップメント事業やファンド事業を母体としたプロの投資家集団が提供する新ソーシャルレンディング会社「アップルバンク」が登場しました。

このアップルバンクさんは、続々と提携先を増やしていっているmaneoファミリーの一員となっています。

「アップルバンク」の母体企業

このアップルバンクさんの母体となっている企業ですが、住所が同じ上に事業内容も類似しているようですので恐らく株式会社 翔栄さんではないかと考えています。

こちらの会社さんは平成7年2月設立と20年以上事業を継続しており、主要取引先にも有名な信託銀行や不動産関連会社さんが並んでいますので、しっかりした会社のように見えました(業績は不明ですが)。

※両者を確実に紐づける情報とは限らないため推測の域も出ていません。

オープン記念ファンド

オープン記念ファンドは4月17日募集開始予定となっており、次の3件が予定されています。

まだファンドの詳細ページを確認することが出来ない状態のためどこまで担保が確保されているかは分かりませんが、担保が不動産となっている点は嬉しいですね。

ちなみに各利回りは8.0%、8.0%、10.0%と中々良い利回りとなっており、この影響か、記事を書いている4/11 午前1時時点で既に90人に投資家登録の申込が行われています。

給料前払いシステム事業

オープン記念ファンドの1つであり、最も気になるファンドは「【不動産担保付き】給料前払いシステム事業オープン記念ファンド1号」かと思います。

利回りが高いのも勿論そうですが、給料前払いって何・・・と思ってしまいますよね。

こちらは、アップルバンクさんの説明によると次のようなサービスとのことです。

給料前払いシステムとは、従業員が多数いる企業に導入し、給料日前に働いた分のお金を受け取ることができるサービスです。
企業の人材確保、離職率低下の課題を解決、多重債務者の抑制など社会的ニーズが高く、立替え資金に関しても債権譲渡担保で保全されています。また、回収原資は賃金債権ですので、厚生労働省の未払賃金立替払制度により、賃金未払いリスクも二重に保全されています。

う~ん・・・給料日前に給料を前払いすることが「企業の人材確保」「離職率低下」とどう関係するのかいまいち分かりませんでした。

またついでなので「未払賃金立替払制度」についても少し調べてみました。

未払賃金立替払制度

「未払賃金立替払制度」は、企業倒産により賃金が支払われないまま退職した労働者に対して、未払賃金の一部を立替払する制度です。

全額が保全される訳では無いようですね。

立替払を受けることができるのは、次の要件を満たしている場合です。
(中略)
(2)労働者が、倒産について裁判所への申立て等(法律上の倒産の場合)又は労働基準監督署への認定申請(事実上の倒産の場合)が行われた日の6か月前の日から2年の間に退職した者であること

この記載ですと労働者からの申請が必要とも読めないことも無いように思えますが、実際にどのようにして「給料前払い」「賃金債権」「未払賃金立替払制度」が結びついて保全されるのか、今後追加される予定の詳細ページで詳しく記載があるとより安心して投資できそうですね。

4月17日までの口座開設に間に合うには

4月17日は来週の月曜日ですので、1週間も猶予がありません。

また最終的な口座の開設には他のmaneoファミリーと同様に本人確認キーを物理的にハガキで受け取る必要がありますので、特に地方の方は今日明日にも申込を完了する必要があると思います。

と言う訳で狙っているオープン記念ファンドがある方は口座開設を急ぎましょう。

ただしきちんと会社を信頼できるかなどをご自身で判断してからにしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です