みんなのクレジットの決着と債権の行方

みんなのクレジットの決着と債権の行方

みんなのクレジットより残念なお知らせがありました。

みんなのクレジットの決着内容の要約

つらつらと説明がされていますが要約すると次の内容となっています。

  • 担保のうち早期換金可能な物や資産はすでに返済資金に充当済みのため、貸付金返還請求訴訟の提訴は取り止め、債権回収会社への債権譲渡とする。(返済資金部分がみんなのクレジットへの充当分かについては不明)
  • 投資家への返金は債権譲渡の決済完了後に預託金残高との合算額を登録口座へ返金予定。
    (振込手数料はみんなのクレジットによる自己負担)
  • 返金額は譲渡代金全額を平成29年7月28日以降の未償還ファンドを含む全てのファンドに対し按分する。
  • 返金日は平成30年3月5日(月)以降、数日以内を目標とするが時間を要する可能性もある。

この決着方法により、みんなのクレジットでの投資額は各投資家に対して大きく棄損して(約3%程度か)返済されることとなりました。

債権の行方

説明文にある通り、みんなのクレジットが保有していた株式会社テイクオーバーホールディングス株式会社ブルーアート株式会社らくらくプラスに対する債権は債権回収会社に譲渡されます。

そしてこの債権回収会社とはサービサーと呼ばれる法務大臣から許可を取得した不良債権の回収を生業とする会社となります。

ここで、ある程度ソーシャルレンディング投資を行っている方の中にはピンと来る方もいらっしゃるかと思いますが、そう、SBIソーシャルレンディングさんがSBISLサービサーズローンファンドとして現在までに5号まで募集されているあのサービサーです。

つまり場合によっては皮肉なことに、今回の件で譲渡された債権がSBIソーシャルレンディングさんのこちらのファンドの先で取り扱われていることになるかもしれない状況となってしまいました。

サービサーの債権回収率について

ちなみにサービサーの債権回収率は平均11%程度のようです。

このためもう少し債権を高く買ってくれてもと思わないでもありませんが、今回の経緯や株式会社テイクオーバーホールディングスの白石氏の過去の経歴などからもこれ以上は厳しかったのかもしれませんね。

みんなのクレジットのその後の予想

みんなのクレジットはみなさんご承知の通り開店休業状態となっています。

また過去の貸付先の大半が株式会社テイクオーバーホールディングス(旧ブルーウォールジャパン)とその関連企業であったことから、事業を継続する場合は今後新たな貸付先を探す必要があります。

ただ、今回の事態を見てここでまた新たに投資を考える方は非常に少ないことが予想できますので、事業の継続を諦めて投資家への返済完了後に休業または倒産させる可能性もありそうです。

テイクオーバーホールディングスのその後の予想

こちらは債権回収会社が債権を買い取ることになった(回収の可能性があると判断された)ことから、少なくとも今後数年は事業を継続するものと思われます。

ただ、今までの半分身内のようなみんなのクレジット ではなく部外の会社から厳しい回収が行われると思われますので、今の渋谷にある事業所からは引っ越など経費削減などを求められるかもしれませんね。

 

今回の最終的な決着はみんなのクレジットで投資を行ってきた方々に多大なダメージを与えるだけでなく、しばらくはソーシャルレンディング投資全体に悪影響を及ぼす可能性もありますね。

ソーシャルレンディング投資自体はきちんと分散投資できていれば悪くは無い投資方法だと思うんですけどね・・・。

みんなのクレジットカテゴリの最新記事