東証プライム市場基準適合企業Grの新サービス(記事)

【2021年8月】OwnersBook(オーナーズブック)のメリットは?デメリットや評価も合わせて解説

OwnersBook(オーナーズブック)

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお

2014年のサービス開始から1件も元本割れの無い、上場企業グループ運営の融資型CFサービスにご興味ありませんか?

そんな方には今回ご紹介するこちらのサービスがピッタリかもしれません。

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBookは主に次の理由で非常に人気のあるサービスです。

  • 東証マザーズ上場企業グループ運営
  • サービス開始からの元本割れ0件
  • 利回りも2~6%程度が期待できる

また貸付型ファンドでは全案件に不動産担保が設定される点も安心感のある投資として人気のポイントとなっています。

僕自身もトップクラスに投資をしておりお勧めサービスとして早速ご紹介したいところですが・・・

まさお
まさお

ただ少し待って下さい。当ブログではメリット面だけ見てデメリット面を知らずに投資を行うことは推奨していません。

そこで本記事では実際にこちらのサービスについて、リスク面なども含めて徹底調査の上、解説したいと思います。

OwnersBook

運営会社について

OwnersBookの運営会社について簡単にご紹介しておきます。

運営会社ロードスターインベストメンツ株式会社
上場区分未上場(上場企業グループ)
設立年月2021年8月1日
所在地東京都中央区銀座
資本金500万円
まさお
まさお

ロードスターインベストメンツ社は東証マザーズ上場ロードスターキャピタルの100%子会社です。

2021年8月1日に融資型CFや不動産資産管理事業、コンプライアンスの強化などを目的として親会社から分割されました。

OwnersBook

OwnersBookでの投資対象

OwnersBookは融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のサービスです。

“融資型”とある通り多数の投資家から集めた資金を投資先に貸し付け、その返済から利益を狙う流れとなります。

OwnersBookの投資の仕組み

またOwnersBookが貸付先にお金を貸す際に必ず不動産担保を設定することで、投資リスクの抑制が図られています。

OwnersBookではまれに投資対象に直接出資するエクイティ型ファンドの募集が行われることもあります。

OwnersBook

OwnersBookのメリット

まず最初にOwnersBookのメリット面について少し掘り下げておきます。

運営会社の安心感

OwnersBook運営会社の親会社ロードスターキャピタル社は、2017年から東証マザーズ市場に上場しています。

融資型CFサービス運営会社には未上場企業も多いですが、やはり上場企業グループ運営である点は安心感に繋がりますね。

  • 親会社は上場時に厳しい基準をクリアしている
  • 定期的に財務状況を公表し社会からチェックを受けている
  • その信頼性により多くの資金調達手段を持ちやすい

もちろん上場企業グループだから「絶対安全」なんてことはありませんが、少なくともマイナスポイントではないですよね。

OwnersBook

LTV80%以下の不動産担保付き

OwnersBookの貸付型ファンドでは必ず不動産担保が設定されますが、貸付金額は不動産評価額の80%までに抑えられます。

OwnersBookの不動産担保

このため天災や急激な経済状況の変化などの影響が無ければ、貸付先が返済不能となっても一定の元本回収が期待できます。

LTV(Loan to Value)は不動産評価額に対する貸付額の割合を表し、この値が小さいほど安全性が高まります。

また不動産評価額は自社の不動産鑑定士等と外部の専門家のダブルチェックにより精査されているとのことです。

まさお
まさお

特に第三者の目が入る点は評価額の信頼感に繋がりますね。

OwnersBook

高い利回り

OwnersBookの募集ファンドの予定利回りは2~6%程度となります。

融資型・不動産投資型CFサービスに慣れてくるとそこまで高くは無いと感じてくる方もいるかもしれませんね。

ただ普通に考えると定期預金や個人向け国債の数倍となっており、十分に高い利回りが見込めます。

OwnersBook

運用中の資金の上下が無い

OwnersBookで運用中の資金は株価のような毎日の上下はありません。

まさお
まさお

このため僕のように仕事中でも株価が気になってしまう方には合った投資だと思います。

ただし不動産の価値が劣後出資以上に下落した場合は、元本割れの可能性もある点は理解しておく必要があります。

OwnersBook

OwnersBookのデメリット

次にOwnersBookで投資を行う際のデメリットについてもご紹介しておきます。

  1. 元本保証はない
  2. デポジット方式の入金
  3. 利益は総合課税の対象
  4. 運営会社の倒産リスク

デポジット方式以外の件は他のサービスにも共通する内容のため、ご存じの方は読み飛ばして下さっても結構です。

OwnersBook

元本保証はない

全ての投資について言えることですが、元本保証はありません。

まさお
まさお

そもそも出資法により元本を保証して資金を集める行為は禁止されています。

もちろんLTV80%以下の不動産担保によるヘッジがあるため元本割れの可能性はそこまで高くは無いとは期待しています。

ただし担保不動産が天災や火災で被害が出てしまった場合などは、カバーしきれない可能性はありそうです。

このため元本割れリスクや利回りを定期預金などリスクの低い金融商品と天秤に掛けて検討し、リスクの不安が勝つ方にはお勧めできないサービスです。

OwnersBook

デポジット方式の入金

OwnersBookで投資を行う際は、ファンド申込前に指定の投資口座への入金が必要です。

また出金時に手数料も掛かるため、抽選に外れ、先着に負け続けると投資口座の資金が塩漬けになる点は留意が必要です。

OwnersBook

利益は総合課税の対象

定期預金や株式投資の利益は本業の所得とは別に一律の税率が課せられます。

所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%=20.315%

これに対して融資型クラウドファンディングの利益は本業の所得と合算して総合課税の対象となります。

またこの時、合計金額が高くなるほど多く課税される累進課税の対象となるため元の稼ぎが大きい方は注意が必要です。

まさお
まさお

例えば695万円を超えた部分には所得税だけで20%以上の税率が課されます。

参考 所得税の税率|所得税|国税庁

また給与所得や退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

OwnersBook

運営会社の倒産リスク

運営会社が倒産した場合、投資中のお金が戻らない可能性があります。

まさお
まさお

また戻ってくるとしても、想定より時間が掛かる可能性が高いことは覚悟しておいて下さい。

OwnersBook運営会社は東証マザーズ上場企業グループ運営のため、その可能性はそこまで高くは無いかもしれません。

ただ上場企業とは言え「絶対に倒産しない」という訳では無いため、このことは念頭に置く必要があります。

このためこのサービスで投資をしたいと考えている方も、出来れば次の2点を心がけておいて下さい。

  1. 余裕資金内での投資とすること
  2. 他サービスと分散しておくこと

OwnersBook

OwnersBookのその他の特徴

ここではメリット・デメリット以外の特徴をご紹介しておきます。

各種手数料について

OwnersBookでは入出金以外の各種手数料は基本無料です。

  • 口座開設利用料 0円
  • ファンド申込手数料 0円
  • ファンド運用手数料 0円

まず投資家の銀行口座から投資口座への入金に関する手数料は銀行側で支払う必要があります。

このためOwnersBookの振込先口座(三菱UFJ銀行)と同行か、手数料の安いネット銀行などからの振り込みをお勧めします。

また投資口座から出金する際は一律330円の手数料が掛かります。

まさお
まさお

この点は改善を期待したいですね。

OwnersBook

OwnersBookの口座開設に必要なもの

OwnersBookに口座開設するためには下記が必要です。

  1. メールアドレス
  2. 出金先銀行口座
  3. 本人確認書類2点

このうち本人確認書類2点は途中で画像をアップロードする必要があります。

本人確認書類2点

本人確認書類には次のうち2点が必要です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 特別永住者証明書
  • 在留者カード

なお健康保険証の場合は次の箇所を黒塗り(マスキング)して下さい。

  • 被保険者記号および番号
  • 保険者番号
  • 2次元コード(QRコード)の部分(あれば)
本人確認書類(保険証)のマスキング

保険証のマスキングイメージ

OwnersBook

2つの会員登録方法

OwnersBookではスマホとハガキ受け取りの2つの方法で会員登録が可能です。

OwnersBookの会員登録方法

素早く開設が可能なためスマホでの登録がお勧めですが、好みなどによってどちらでも問題ありません。

OwnersBook

 

タイトルとURLをコピーしました