期失(期限の利益の喪失)

「期限の利益」とは貸し手が借り手にお金を貸した際、返済期限までの間に借り手が返済を求められない権利を指します。

これに対して「期限の利益の喪失(期失)」は、破産宣告や担保の滅失などによってその権利が失われた状態を指します。

ソーシャルレンディング投資では

ソーシャルレンディング投資では期失が発生すると投資元本が戻らず配当も停止する可能性が非常に高くなります。

ただし借り手がリファイナンスなどの手段によって返済したり、担保売却によって全額を賄える可能性もあるため、必ずしも元本棄損となる訳ではありません。

逆に遅延損害金を含めて予定以上の利益を得られる可能性もありますが、投資家から出来ることは無いため、過度な期待をせず待つことをお勧めします。

参考文書またはウェブサイト

タイトルとURLをコピーしました