株式投資型クラウドファンディング

株式投資型クラウドファンディング(以下「株式型CF」)について日本証券業協会は次のように定義しています。

株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕組みです。

リターンとリスク

株式型CFでは投資家は未上場株式を購入する代わりに、配当や株式公開(IPO)時の株式売却益からリターンを得ることを狙います。

ただしリスクの高い投資ジャンルのため金銭的なリターン狙いよりも、その企業の応援を目的として投資している方も多いようです。

実際、投資家が楽しめる参加型イベントを開く企業も多く、応援する側とされる側という関係が築かれています。

投資対象の株式の種類

株式型CFでは一般的に普通株を取得しますが、新株予約権での投資となる場合もあります。

普通株と新株予約権の違い
普通株新株予約権
配当金あり(無配の可能性)なし
議決権ありなし
企業の投資家管理負担大負担小
換金機会IPOやM&AでのEXIT時

投資家にとっては普通株の方にメリットがありますが、企業側にとっては新株予約権の方が投資家の管理に煩わされないというメリットがあります。

参考文書またはウェブサイト

タイトルとURLをコピーしました