連帯保証

ソーシャルレンディング投資では、貸付先の債務に対してその経営者個人や関連会社などによる連帯保証が付くことがままあります。

この場合、貸付先の返済が滞るとソーシャルレンディングの営業者は貸付先の財産状況に関わらず連帯保証人に対して債務返済の要求を行うことができます。

しかし関連会社はともかく、貸付先で返済が滞る状況では経営者個人での返済も難しく自己破産も考えられるため、個人による連帯保証はお守り程度と考えておくのが良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました