優先/劣後出資方式

優先/劣後出資方式とは、ある投資に対して投資家毎にリスクに差を付け、優先して配当・償還を受けられる側を優先出資、後回しとなる側を劣後出資と呼ぶ出資方式を指します。

ただし基本的に、劣後出資者はハイリスクの代わりにハイリターンとなるように設定されます。

不動産投資型クラウドファンディングの例

不動産投資型クラウドファンディングでも優先/劣後出資方式により投資家のリスクの軽減を図られます。

用語 不動産投資型クラウドファンディング

優先/劣後出資方式のイメージ

この場合、対象不動産に投資家が優先出資、サービス事業者が劣後出資を行い、売却損を劣後出資者のサービス事業者が先に引き受けることで、投資家の影響が軽減されます。

ただし予定以上の売却益が出た場合でも優先出資者はその恩恵には預かれず、サービス運営会社が残りの利益を受け取ります。

サービス毎の劣後出資割合

代表的なサービスの劣後出資割合は次の通りです。

サービス名劣後出資割合
Jointo α30%
FANTAS Funding20%
CREAL10~20%

※各サービスの劣後出資割合は将来的に変更となる可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました