東証プライム市場基準適合企業Grの新サービス(記事)

あのアマギフ2,000円キャンペーンが急遽明日までで終了に!

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお

今月末まで継続予定だったあのアマギフキャンペーンが急遽明日までで終了予定となりました。

最近は多くのサービスでキャンペーン中で、どこに登録するか悩みますよね。

ただそんな中、不動産型CFサービスのCOZUCHIの新規登録キャンペーンが急遽明日の16時で終了予定となりました。

内容は新規投資家登録だけで先着1,000名様にAmazonギフト券2,000円分が貰えるお得なキャンペーンです。

もともとは今月30日までの予定でしたが、先着人数に近づいたのでしょうか、急遽明日までに短縮されたようです。

このため、もしまだ登録を悩んでいる方がいましたら、お早目の再チェックをお薦めします。

COZUCHI

COZUCHIについて簡単に

すでに登録済の方も多いと思いますが、そうでない方向けにCOZUCHIについて簡単にその特徴をまとめておきます。

  • 不動産型CFサービス
  • 2019年7月開始(比較的古め)
  • 優先/劣後出資方式有り
  • 売却益の投資家分配有り
  • 最高年利実績283.5%
  • 1万円からの投資

キャンペーンで貰えるAmazonギフト券2,000円分は非常に魅力的だと思います。

ただ多くの投資家がCOZUCHIに登録している理由はそれ以外に、上記のうち売却益の分配が得られる点にあると考えています。

まさお
まさお

何故なら他のほぼ全てのサービスには無い、COZUCHIだけの魅力的なポイントだからです。

残念ながら、他サービスでは投資対象不動産がどんなに高値で売却出来ても投資家に予定以上に分配されることはありません。

例外的に大家.comの特典ファンドでその条件が付いています。

僕たちもリスクを負って投資資金を出しているからには、投資成功時の利益分配があった方が納得感ありますもんね。

COZUCHI

他の不動産型CFサービスが売却益還元を行わない理由

ただもちろん、他の不動産型CFサービスにも次のような事情があるのだろうとフォローもしておきます。

  1. 劣後出資により投資家より不利な立場で投資を行っている
  2. 売却益によって運営会社の経営がより安定化する

運営会社が安定していてくれた方が、より安心して投資を行うことが出来るメリットもありますもんね。

この点、逆に考えるとCOZUCHIにとっては不利ではないかと考える投資家の方もいて不思議は無いと思います。

まさお
まさお

ただCOZUCHIも売却益の「一部」を投資家に分配する形のため、無理はしてなさそうですけどね。

また劣後出資に関しては、COZUCHIでは10~60%の出資を行う旨が投資家向けに宣言されています。

他の多くのサービスでは10~30%の設定が多いため、この点については同等かそれ以上の安全性も期待できそうですね。

もちろんCOZUCHIは現状では未上場であることなど、心配性の方には避けたいと思われそうな点もあるかもしれません。

まさお
まさお

とは言え今回は投資しなくても投資家登録だけでキャンペーンの対象になれますけどね。

無理に登録することもありませんが、ひとまずは詳細な条件だけはチェックしてみては如何でしょうか。

COZUCHI
COZUCHI

COZUCHI(旧WARASHIBE)はマンションや商業ビルなどの募集を中心とした不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

  • 2019年7月開始
  • 東京、神奈川の不動産中心
  • 優先/劣後出資方式
  • 売却益の投資家分配有り
  • 最高年利実績283.5%
  • 1万円からの投資
タイトルとURLをコピーしました