【2024年6月】各サービスで実施中のキャンペーン

安定高利益を狙う!COZUCHI「相模原 リニア開発プロジェクト フェーズ2」

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのCOZUCHIで1月13日(金)19時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 COZUCHIのメリット・デメリット

今回募集される「相模原 リニア開発プロジェクト フェーズ2」ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:9億円
  • 想定利回り:7.5%(年率)
  • 運用期間:約12ヵ月
  • 劣後出資割合:10%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお
本ファンドは「フェーズ2」とあるように1年前に募集された「相模原 リニア開発プロジェクト」の後継ファンド。

また後継ファンドの場合、募集条件が色々と変わる場合もありますが今回は募集金額が6.75億円⇒9億円にアップした程度。

その他の想定利回りや運用期間、劣後出資割合などの条件は変わっていません。

ちなみに前フェーズも含めて本ファンドはCOZUCHIの中では「安定」高利益を狙っていけるファンドとなっています。

本記事ではその理由と、優先枠の設定内容などについてご紹介したいと思います。

「【限定】投資家登録キャンペーン」

当ブログ経由で6月30日(日)までに投資家登録を行うだけでAmazonギフト券2,000円分、さらに初回投資金額に応じて最大で48,500円分が貰えます!

COZUCHI

安定高利益を狙う!

前フェーズも含め「相模原 リニア開発プロジェクト」案件の利回りの構成はキャピタルゲイン0%、インカムゲイン100%となっています。

説明するまでも無いかもしれませんが、キャピタルゲインは物件の売却益、インカムゲインは物件から得られる収益のことですね。

このため本ファンドではCOZUCHIの魅力の1つである売却益次第で貰えるアップサイド配当の発生は無い形となります。

その代わりに当初から7.5%の高利回り設定が行われており、投資を行う皆さんは本ファンドでは安定高利益を狙う形になります。

安定なんて言っちゃってるけど事業が頓挫した場合は損失が出ることもあるんじゃないの?

もちろんCOZUCHIのファンドは「投資」案件のため絶対に損失が出ないとは言えません。

ただし本ファンドのリニア事業が中止となった場合は事業者のTRIADが直ちにファンドの運用を終了して物件を買い取る予定となっています。

このため例えばTRIADの資金がショートしたりしない限りは(早期償還はありそうですが)ある程度安定した安全性が期待できそうですね。

COZUCHI

優先出資枠の設定について

なお本ファンドには前フェーズ出資者に対する優先出資枠が設定されます。

また優先枠は前ファンド出資額が上限となるため9億円から最大6.75億円分を引いた額を全投資家で抽選する形となります。

まさお
まさお

僕は残念ながら前フェーズは抽選で落選(その後の復活枠も応募失敗)のため残り部分に期待して応募予定です。

COZUCHIでの投資は当初の利回りだけでなく継続フェーズも見越した投資判断が必要となるので色々と考えさせられますね。

そこがCOZUCHIでの投資の面白さでもありますが、最近はどのファンドも高倍率なので結局、全ファンド応募してしまっていますけどね笑

COZUCHIのタイアップキャンペーンも

最後にですが、当ブログと不動産型CFサービスのCOZUCHIとのタイアップキャンペーンも継続中です。

COZUCHIタイアップキャンペーン

本キャンペーンでは無料の投資家登録だけでもAmazonギフト券1,000円分(先着500名様)が貰えます。

まさお
まさお

ただしCOZUCHIにはそれ以上の魅力もありますので、もし良ければこの機会に公式サイトをチェックしてみて下さい。

COZUCHI(こづち)
COZUCHI

COZUCHIは案件大成功時に予定利回り以上の分配発生もある、大人気の不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

当ブログ経由で6月30日(日)までに投資家登録を行うだけでAmazonギフト券2,000円分、さらに初回投資金額に応じて最大で48,500円分が貰えます!

タイトルとURLをコピーしました