【9/2募集】前回の完売速度から予想するFANTAS fundingの今回の完売時間

「FANTAS funding」で2019年9月2日18時から「FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第35~36号」の募集が予定されていますが、正直なところ今回のファンドに申し込めるのは至難の業では無いかと思われます。

と言うのは前回8月7日に募集された第31~34号のそれぞれの完売時間を控えており、さらにそれぞれの条件を比較すると更に短時間での完売が想像されるためです。

スポンサーリンク
ご紹介している内容はあくまでも現時点の予定のものです。投資判断を行う前に必ず正確な情報を確認して下さい。

ファンドの基本的な情報(前回と比較)

前回今回
ファンド名FANTAS check PJ 第31~34号FANTAS check PJ 第35~36号
タイプインカム型キャピタル重視型
運用利回り4.00%(年利換算)5.00%(年利換算)
運用期間約1年約4ヵ月
募集予定募集済2019年9月2日18時~
Googleカレンダーに登録
担保/保証優先/劣後出資方式により不動産価格価格下落の20%まではFANTAS fundingが負担
募集金額31号:2,472万円
32号:2,792万円
33号:2,296万円
34号:2,200万円
35号:2,128万円
36号:2,384万円
必要資金1万円~
返済方法一括返済

(今回の)投資スケジュール

  • 募集開始日
    2019.09.02
  • 募集終了日
    2019.09.06
    ※要注意 募集開始日から期間が空いています。
  • 運用開始日
    2019.10.01
    ↑約4ヵ月↓
  • 運用終了日
    2020.01.31
スポンサーリンク

前回と今回のファンドの条件の違い

前回と今回のファンドは担保物件自体の違いを除いて条件だけを見ると主に次の点で違いがあります。

  • ファンドタイプが前回はインカム型、今回はキャピタル重視型
  • 運用利回りは前回は4.00%、今回は5.00%と今回の方が高め
  • 運用期間は前回が約1年、今回は4か月と今回の方が短め

感覚的に多くのクラウドファンディング投資家は利回り高め、運用期間短めの条件を好む傾向があるため、この条件だけでも今回のファンドは人気化必至となりそうです。

ただし、前回も今回もファンド募集期間から運用開始までに1ヶ月程度の空きがあるため、実質的な利回りはそれぞれ約3.7%、約4.0%程度となり、見た目ほど大きな差は無いことは念頭に置いておくと良いかと思います(詳しくは下記のページをご参考下さい)。

目先の利回りで判断できないソーシャルレンディングの本当の利回りって?【早見表付き】
突然ですが次の2つのファンドがあった場合、どちらのファンドに申し込みますか? ファンド 運用期間 予定利回り A 1ヶ月 12.0%(年利換算) B 12ヶ月 6.5%(年利換算) ...

前回募集ファンドの完売時間

前回募集された各ファンドの完売時間は概ね次の通りでした(参考にするため時間を見ていました)。

ファンド募集金額完売時間
31号2,472万円8分
32号2,792万円1分
33号2,296万円2分
34号2,200万円3分

つまり前回は4ファンド同時に募集が開始された状況で、約5,100万円(32号+33号)が埋まるまでに2分程度しか掛かっていないのに対して、今回募集のファンドはより少ない2ファンドの募集で、合計募集額も4,500万円程度しかないため、下手をすると1分未満で完売するのではと予想しています。

※31号の完売までに8分掛かったのは、他のファンドで募集して間に合わずに諦めた人が空きに気付くのに時間が掛かったのでは、と予想しています。

FANTAS fundingは後入金方式

もしこの予想完売速度で埋まるとしてもFANTAS fundingは後入金方式となっているため、申し込みに競り負けても幾ばくかの徒労感以外に失う物はありません。

だからと言ってファンドの中身を理解せずに申し込むことはお勧めしませんが、そのリスクを把握した上であれば取り合えず争奪戦にチャレンジしてみては如何でしょうか。

口座開設はこちらFANTAS funding
スポンサーリンク

サービス(FANTAS funding)の特徴

FANTAS fundingは1口1万円からの不動産投資を可能とする不動産投資型クラウドファンディングを提供するサービスです。
  • 不動産投資型クラウドファンディング
  • 優先/劣後出資方式による投資家の保護

不動産投資型クラウドファンディング

不動産投資
FANTAS fundingは不動産特定共同事業法に基づいて不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しており、また第1号事業者(4号まである)として登録されているため資本金1億円以上が必要など、厳しい行政による審査を経ている事業者です。

優先/劣後出資方式による投資家の保護

FANTAS fundingでは集めた資金を元に不動産を購入し、最終的に賃料と売却益から元本償還および利払いを行いますが、優先/劣後出資方式により売却損が発生した場合も20%の下落分まではFANTAS fundingが劣後出資者として負担します。
口座開設などはこちらへFANTAS funding

コメント

  1. あああ より:

    運用終了は1/31ですが払い戻しは2/28
    (後ろも空いてるんですよ実は)
    5%で4ヶ月運用となっていますが
    拘束期間は約6ヶ月(3.3%くらい?)

    もうFANTASには裸待機でクリック合戦するほどの魅力はないように思います
    (元本の安全性もSBIより低いように思う)

    • まさおまさお より:

      おっと後ろを計算に入れるの失念していました。
      ご指摘ありがとうございます。

      今回のファンドは個人的には拘束期間を含めて考えると魅力は・・・と思うのですが、
      結構、運用期間と利回りの数字だけを見て投資している人も多いと思うんですよね。

      果たして今回どうなるか・・・興味深く見守ろうと思ってます笑

      • まさおまさお より:

        こちら結局30秒持たずに完売したようですね。
        やはり運用期間と利回りしか見てない方が多そうです。