【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

Funvest「Impression Ludens糀谷プロジェクト2-1号」でついに割れてしまう

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
貸付型CFのFunvestで5月1日(月)12時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 Funvestのメリット・デメリット

今回募集される「Impression Ludens糀谷プロジェクト2-1号」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:5,400万円
  • 想定利回り:2.80%(年率)
  • 運用期間:約5ヵ月
  • 保全方法:リコースローン(有担保・無保証)
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
Funvestは初期の一部を除いて想定利回り3%台をキープしていましたが、今回ついに3%を割って2.8%に。

やはり3%台とそれ未満とでは受ける印象が変わってきますが、Funvestは大和証券グループ系で運営されているサービスですからね。

最近も3%で十分に100%応募が集まる人気を誇っていますし、2.8%で募集しても完売出来ると踏んだのかもしれません。

投資家側としては少し残念ですが。。。

とは言え利回りが下がるのには理由もあるはずなので、今回はその点について考察してみたいと思います。

「ウェルカムキャンペーン」実施中!

  • 新規会員登録でAmazonギフト券1,000円分
  • 60日以内の初投資でAmazonギフト券+1,500円分

※詳細は公式サイトをチェック。

Funvest

想定利回りが下がる理由について

同じ貸付先について想定利回りが上がる理由は主に2つあると考えています。

  • 貸付先への貸付利率が下がる場合
  • 運営会社が利幅を大きく取る場合

これは貸付先CFの利回りが「貸付先への貸付利率-運営会社の利幅」で決まるためですね。

また貸付先への貸付利率が下がる理由は貸付先の信頼度が上がった場合、運営会社の利幅が上がる理由は・・・考えるまでもないですね。

まさお
まさお

ちなみに今回がどちらかは「契約締結前交付書面」の「本貸付契約の内容」欄の利率の比較で確認してみて下さい。

Funvest

ファンド投資プレゼントも多数

今回の貸付先である株式会社Impressionは東北楽天イーグルスのオフィシャルスポンサーのため投資で楽天グッズが当たります。

本ファンドの楽天イーグルスグッズ

50万円以上出資した方から抽選で20名様に「オリジナルランチトート」または「オリジナルサコッシュ」(各10名様)がプレゼント。

またFunvestで毎回行われている投資金額に応じたAmazonギフト券もプレゼントも当然実施されます。

本ファンドのAmazonギフト券プレゼント

まさお
まさお

基本的にはファンド毎に30~50万円ずつ投資している僕は手が届きませんが継続されているということは需要も高いんでしょうね。

ただし投資する際は「プレゼントに届くから」という理由ではなく、あくまでも余裕資金の範囲で投資判断されることをお薦めします。

Funvest(ファンベスト)
Funvest

Funvestは大和証券グループ企業が運営する貸付型クラウドファンディングサービスです。

※新規会員登録で1,000円分、60日以内の初投資で+1,500円分のAmazonギフト券が貰えるキャンペーンも実施中!

タイトルとURLをコピーしました