【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

25万人突破!利回りくん【保護犬・猫共生型グループホーム「わおん宇都宮」】運用期間6ヵ月のメリット・デメリット

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFの利回りくんで3月8日(水)12時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 利回りくんのメリット・デメリット

今回募集される【保護犬・猫共生型グループホーム「わおん宇都宮」】ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:2,586万円
  • 予定利回り:5.0%(年率)
  • 運用期間:約6ヵ月
  • 劣後出資割合:約5.1%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお
今回は保護犬・猫 共生型グループホーム「わおん」関連ファンドの4回目の募集。

「わおん」シリーズは当初、運用期間が10年や5年でしたが前回は5ヵ月、今回は6ヵ月と投資しやすい期間になっているのが嬉しいですね。

ただ運用期間が6ヵ月の場合、利回りくんでは良い面だけで無くちょっとケアが必要な面もあることもあります。

このため今回はその両面についてご紹介しておきたいと思います。

利回りくん

運用期間6ヵ月のメリット

現在、利回りくんに出資者登録を行うと楽天ポイントが500pt貰えます。

また利回りくんでは現在、楽天ポイントでの投資ができる「利回りくんコイン」サービスの開始を記念したキャンペーンも行われています。

  1. 利回りくんコインを使っての出資で1,000pt
  2. 出資後、ハッシュタグ付きツイートで+500pt

このため出資者登録+キャンペーンの利用で楽天ポイントが合計2,000pt貰えることになります。

また今回のファンドに1万円投資した場合は20%の利回りとなり、さらに運用期間が6ヵ月のため年利換算では40%にもなります。

このため今回は条件次第ではありますが、年利回り45%以上も狙えるファンドということですね。

利回りくん

運用期間6ヵ月のデメリット

利回りくんでは新規登録時だけでなく出資を行っている間、楽天ポイントがザクザク貯まる各種サービスの対象になることが出来ます。

利回りくんと楽天ポイント

※上記に加えて7日連続ログイン毎にひけるクジで10~500ptも貰えます。

ただし逆に言えば、出資が終わったタイミングでその対象から外れるため、特に誕生日特典に期待している場合は注意が必要です。

このため他に出資中のファンドが無い場合は、サービス対象外にならないように運用期間に注意しておいて下さい。

なお特典③の「ファンド出資額の0.5%ポイント」は逆に運用期間が6ヵ月であることで、年利換算が倍になるというメリットもありますけどね。

まさお
まさお

今回の投資判断はこういったメリット・デメリット面も含めて検討されることをお勧めします。

利回りくん
利回りくん

堀江貴文氏や前澤友作氏など著名人に関するファンド募集も行われる不動産投資型クラウドファンディングサービス。

タイトルとURLをコピーしました