【8/21募集】SBIソーシャルレンディング「SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド 21号」は大丈夫なの?

SBIソーシャルレンディング「SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド 21号」

ネット金融最大手グループ運営のSBIソーシャルレンディングで2020年08月21日 10時から「SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド 21号」が募集予定です。

ディベロッパーズローンファンドは人気を集めて21号。

もやもや君
もやもや君

ただ本シリーズでは貸付にあたっての担保の直接的な価値は、貸付金額を大幅に下回って募集されます。

それでも毎回のように完売するのはSBIの名前を冠しているためでしょうか。

本記事では改めてファンドの基本情報や担保の状況について調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

ファンドの基本的な情報

まずはファンドの基本的な情報をご紹介します。

ファンド名SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド 21号
運用利回り6.00%(年利換算)
運用期間約1年6ヵ月
保全方法担保付
募集金額17億円
必要資金5万円~
返済方法一括返済
ヒント君
ヒント君

利回りは高く、運用期間もちょっと長いくらいですね。ここだけ見ると投資意欲も高い方が多そうです。

スポンサーリンク

投資スケジュール

  • 募集開始
    2020年08月21日 10時
  • 募集終了
    2020年08月27日 12時
  • 運用開始
    2020年08月28日
    ↑約1年6ヵ月↓
  • 運用終了
    2022年02月末日
  • 払戻予定
    2022年03月15日

担保対象の不動産物件について

本ファンドの担保対象の不動産は沖縄県石垣市に所在するホテル建設用地です。

ヒント君
ヒント君
石垣市のある石垣島は観光先として人気の土地ですが、コロナの影響で数年はどうなるか読みづらいですね。

担保の状況について

評価額
2億7,700万円
今回の募集額
17億円
(614%)
ヒント君
ヒント君

このシリーズはプロジェクト対象(今回はホテル)完成後の収益を根拠に貸付を行うため、完成前に貸付先が破綻すると元本の大幅棄損の可能性があります。ただ毎回のように完売するのはやはりSBIグループ会社が案件を組成しているためでしょうね。

周辺地価の状況について

地価公示・地価調査 (2020年) – 全国地価マップで沖縄県石垣市の地価を調査したところ、ここ5年連続して上昇している地域ばかりでした。

SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド21号の周辺地価の状況

周辺地価の状況

ヒント君
ヒント君

ただ沖縄県は観光業が多い地域のため、この地価の上昇がコロナ禍を経ても伸びるかは疑問がありますね。

今回の投資ポイントとまとめ

今回の投資ポイントを次の3点にまとめてみました。

  • 本ファンドのシリーズはSBISLの中でも人気が高い
  • 利回りも6.0%と高めで魅力的に思える
  • ただし沖縄県石垣市の担保はあまり期待しない方が良さそう
ヒント君
ヒント君

本ファンドはSBIソーシャルレンディングの目利きを信じるか信じないかでだいぶ印象が投資判断が変わりそうです。

管理人は・・・本ファンドは無理をすることは無いと考えています。

ただSBIソーシャルレンディングの案件の信頼性は高いし、ちょっとだけなら・・・う~ん・・・悩みます。

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

SBIグループ運営のソーシャルレンディングサービス。不動産担保ローンやメガソーラーへの投資など。

  • SBIグループ100%の運営
  • ユーザー数業界トップクラス
  • 実績金額業界トップクラス
  • 利回り目安3~10%
  • デフォルト発生もあるが低確率
タイトルとURLをコピーしました