今月も見逃しキャンペーンが無いか超チェック!

不動産投資型クラウドファンディングのSOLSから理論上年利705%もあり得るファンドが間もなく募集開始!

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのSOLSで1月18日(水)10時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 SOLSのメリット・デメリット

今回募集される「SOLS第4号案件:F-studio VERONICA」ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:6,000万円
  • 予定利回り:4.7%(年率)
  • 運用期間:約10.9ヵ月
  • 劣後出資割合:65%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお
前回、キャンペーン付きとは言え1.87億円募集を完売させたSOLSなので今回はどこまで倍率が上がるか注目です。

ちなみに実はその前回でも計算をしていましたが、今回のファンドでも理論上は年利705%を狙えるファンドとなっています。

SOLS第3号案件は年利で約679%も目指せる!(半分ネタですが)
こんにちは!管理人まさおです。まさおこのブログで何度かご紹介しているSOLS3号案件ですが、ふと気になって最大年利を計算してみました。というのはこの3号案件、2023年5月21日以前に物件が売却された場合、1...

このため本記事でもその根拠と、あとは本ファンドのその他のポイントを軽くご紹介しておきたいと思います。

SOLS(ソルス)

「理論上年利705%」について

今回のファンドの運用予定期間は2023年2月28日~2024年1月19日の約10.9ヵ月ですが早期償還時の分配金の配分方針が2パターンあります。

SOLS第4号ファンドの運用スケジュール

1つ目は2023年7月27日以前、2つ目はそれ以降に償還されるパターンです。

このうち2つ目の場合は償還日までの完全日割り(年利4.7%)になりますが、1つ目の場合はどの時点でも150日分までの分配が行われる形ですね。

つまり運用期間が例え1日で終了しても150日分の分配金が貰えるため、その場合の年利回りが705%となるということです。

まさお
まさお

実際に1日で運用終了することはまず無いとは思いますが、理論上ということでご参考までに。

SOLS(ソルス)

SOLS第4号案件のその他のポイント

既存会員向け優待抽選枠の設定

今回のファンドには次の条件で優先抽選枠が設定されます。

  • 対象は2022年12月25日までのかんたん新規会員登録者
  • 募集金額の内3,000万円分は既存会員のみの抽選枠

また残りの3,000万円部分は既存会員向け優先抽選枠の落選者とその他会員での抽選枠となります。

まさお
まさお

なお今回は2月6日15時まで募集のため、後半枠のみの抽選とはなりますが今からの会員登録でも間に合いそうですね。

SOLS(ソルス)

投資対象物件への借入金

今回の対象物件への投資にはSOLS側の金融機関からの借入金も利用されます。

SOLS第4号案件の投資構造

不動産型CFの投資家が投資する優先出資枠分の出資金はこの借入金に劣後する(安全性に劣る)ためその点については認識しておいて下さい。

OwnersBookなどの貸付型CFではこの借入金部分への投資も可能です。

なお第3号案件でも借入枠がありましたが契約書面のみの記載だったため、事前確認しやすくなった点はプラス評価したいと思います。

まさお
まさお

ただし実際の借入金額は募集開始後に契約書面で確認する必要があります。

SOLS(ソルス)
SOLS(ソルス)

SOLSは名古屋市に本社を置く不動産会社運営する、劣後出資割合の高さが魅力の不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

タイトルとURLをコピーしました