別商品から見えてきたぽちぽちFUNDINGの募集条件(劣後割合など)

COLEAD

先日、不動産投資型クラウドファンディングの「ぽちぽちFUNDING」が会員登録を開始しました。

品川発の不動産投資型クラウドファンディング「ぽちぽちFUNDING」登場!FPへの無料相談もあり!
また新しい不動産投資型クラウドファンディング(以下、適宜「不動産型CF」)のサービスが登場しました。 つい先日登場したのは南大阪発のでしたが、今回は東京都品川区発のというサービスです。 ちょっと面白いネーミングのサービス...

まだ会員登録を開始したばかりの状態ですが、次のような特徴が判明しています。

  • 1口1万円からの投資が可能
  • 優先/劣後システムで安全性を高めている
  • いつでも解約が可能
  • 投資地域は品川区・大田区が中心となりそう

まだ今のところはファンド募集が未開始のため「分配率」や「運用期間」などは不明です。

その影響で会員登録を留まっている方もいるかもしれません。

このため、ぽちぽちFUNDINGの運営会社の別の投資商品「COLEAD」から類推できる情報を得ましたのでご紹介します。

ぽちぽちFUNDING

COLEADとは

COLEAD(コリード)は不動産小口化商品に分類される投資商品です。

不動産小口化商品とは、ある不動産への投資を小口分割して投資家を募り、得られた収益が分配される形の投資です。

COLEADの説明①

COLEADの投資イメージ

ヒント君
ヒント君

不動産投資型クラウドファンでイング(不動産型CF)とどこが違うの?

と疑問に思う方も多いと思います。

実は両者とも不動産特定共同事業法に基づいた許可を得て行われる投資方法です。

ただし不動産型CFはさらに電子取引業務の許可も得てインターネット経由で募集が行われます。

ヒント君
ヒント君

つまり兄弟のような投資商品ですね。

ぽちぽちFUNDING

COLEADと不動産型CFの違い

COLEADのサイトに掲載されていた双方の特徴をご紹介します。

※少しこちらで言葉を修正しています。

COLEAD不動産型CF
分配率5%~4~8%
換金性毎年の評価による事業者買取あり基本的に途中解約不可
節税効果なし
リスク対策優先/劣後システム
最低金額50万円~1万円~
手間なし運用期間ごとの再投資の手間

ぽちぽちの運営会社さんは他社の不動産型CFを色々と研究されたようですね。

分配率の幅など、私の肌感と大きなズレはありません。

ただし途中解約(譲渡)については可能なサービスも結構あったように思います。

ヒント君
ヒント君

特殊ケースですが優先/劣後方式の無いパターンも存在します。

ぽちぽちFUNDING

COLEADの過去の販売商品

COLEADでは2019年2月と11月とで合計2件の商品が販売されていました。

COLEAD1号

COLEAD1号<インベスト蒲田38>
物件名インベスト蒲田38
募集金額6,000万円
予定分配率4.5%(年利・税引前)
運用期間約2年
最低金額100万円~
優先劣後80%:20%

COLEAD2号

COLEAD2号<アイディステイ河口湖Ⅲ>
物件名アイディステイ河口湖Ⅲ
募集金額3,200万円
予定分配率5.0%(年利・税引前)
運用期間約2年
最低金額50万円~
優先劣後80%:20%

ちょっと驚いたことに2件目は品川区・大田区に全く関係の無い地域の商品ですね。

ぽちぽちFUNDINGの運営会社は品川区・大田区で50年以上の歴史のある会社です。

ただこの様子だと、その他の地域の商品も今後募集がありそうですね。

ぽちぽちFUNDING

ぽちぽちFUNDINGの募集条件はどうなるか?

以上の内容などから推測されるぽちぽちFUNDINGの募集条件の推測をまとめてみました。

予定分配率4~8%
運用期間~2年
募集金額3,000万~
最低投資金額1万円~
劣後出資割合20~30%
投資地域品川区・大田区中心でたまに他の地域も

ちょっと期待も入っていますが不動産型CFとして結構好条件が狙える気がしてきそうですね(推測ですが)。

ヒント君
ヒント君

特に1号ファンドは開始記念の高分配率を期待したいと思います。

もし何かご参考になりましたら、ぽちぽちFUNDINGで会員登録をしてみませんか?

ぽちぽちFUNDING

タイトルとURLをコピーしました