ぽちぽちFUNDING運営会社の開発事例から見る今後の募集傾向などについて

アイディ株式会社の開発事例

夏の猛暑が続きますが、お盆はゆっくりできましたか?

私は特にお盆休みは無く暦通りの勤務のため普段通りの休日を過ごしています。

ただ、唯一ブログのネタのためにこちらに寄ってみました。

ヒント君
ヒント君

どこだか分かりますか?

ケイヒン東大井ビル

こちらは東京都品川区東大井にある「ケイヒン東大井ビル」。

最近、ぷちぷちFUNDINGで会員登録を開始したアイディ株式会社が入居しているビルです。

品川発の不動産投資型クラウドファンディング「ぽちぽちFUNDING」登場!FPへの無料相談もあり!
また新しい不動産投資型クラウドファンディング(以下、適宜「不動産型CF」)のサービスが登場しました。 つい先日登場したのは南大阪発のでしたが、今回は東京都品川区発のというサービスです。 ちょっと面白いネーミングのサービス...
ヒント君
ヒント君

って分かるかーい!

残念ながらアポもなく夏季休業中のため中に入ることは出来ませんでした。

ただ比較的、私の自宅から近所にあるため散歩がてら寄ってみたというネタです笑

 

さて前置きはともかく、本記事では今後のぷちぷちFUNDINGのファンド募集傾向を推察してみたいと思います。

その為に管理人が有用と考えたのは運営会社のアイディ株式会社の過去の開発事例。

色々と集計してみましたので、ご紹介したいと思います。

ぽちぽちFUNDING

アイディ株式会社の商品

まずアイディ株式会社の主な商品を調べてみました。

アイディ株式会社の商品ラインナップ

アイディシリーズマンションタイプの商品。1棟13戸の小規模タイプから111戸の大規模のマンションも。
インベストシリーズアパートタイプの商品。1棟4戸~13戸まで。名前の通り投資家向けの商品と思われる。
ファミウスシリーズ戸建タイプの商品。名前の通り家族向けの商品。

またこれ以外にもCOLEADの商品「アイディステイ河口湖Ⅲ」のような民泊施設も開発しているようです。

ぽちぽちFUNDING

本当に品川区・大田区中心なのか?

アイディ株式会社は「品川区・大田区を中心に信頼と実績を重ね50年」の会社です。

ヒント君
ヒント君

でもそれって本当?

という事でサイトで公開されている2011年からの開発事例の件数を集計してみました。

開発件数市区町村
55件大田区
28件品川区
8件台東区
3件荒川区、世田谷区
2件板橋区、江東区、葛飾区、新宿区、北区、横浜市
1件千代田区、中央区、渋谷区、墨田区、江戸川区、目黒区、川崎市

アイディ株式会社は「品川区・大田区」と品川区を先に表記しています。

が、調査の結果大田区の開発事例の方がはるかに大きいことが分かりました笑

もやもや君
もやもや君

ちょっとだけ嘘付いてるのかな~。

ただ「品川区」「大田区」をメインとしているのは嘘をついてはいないようです。

ぽちぽちFUNDING

開発事例の総戸数を集計

こちらでは各シリーズの棟ではなく、さらにその中の戸数について集計してみました。

シリーズ戸数
アイディ1,139戸
インベスト611戸
合計1,850戸

この戸数は約10年の集計結果のため恐らく大手デベロッパーに比べるとかなり少ない数字だと思います。

ただ毎年180戸程度の開発はされており、決して少なすぎる訳でも無さそうです。

また開発事例と別のページには事例ページに記載の無い物件の紹介もありました。

このため、実体としては年に200戸程度は開発しているのかもしれません。

ぽちぽちFUNDING

年別開発事例

こちらはちょっと気になった数字を。

件数
2019年0件
2018年1件
2017年22件
2016年17件
2015年19件
2014年17件
2013年13件
2012年12件
2011年15件

2018年と2019年の開発事例件数がほとんど無い・・・。

先ほどご紹介した通り、開発事例以外にも開発しているようなので恐らくサイトの更新不足だと思いますので、しっかりと更新をお願いしたいですね。

ぽちぽちFUNDING

まとめと管理人の所感

2018年以降の開発事例はともかく毎年きちんと開発を行っている実績は確認出来ました。

ただ未上場会社ですし、決して大きな会社だとは言えないとも思います。

このため全力でぷちぷちFUNDINGに全力で突っ込む投資スタイルはお勧め出来ません。

他の東証上場企業のサービスに力を傾けつつ、こちらでも少しずつ投資をしていく形が良さそうに思えます。

ぽちぽちFUNDING

タイトルとURLをコピーしました