WARASHIBEの現在の立ち位置は?(記事)

Rimple(リンプル)「Rimple’s Selection」シリーズを徹底分析!

Rimple's Selection

本記事ではRimpleが募集するファンド「Rimple’s Selection」シリーズについて徹底分析しています。

ヒント君
ヒント君

Rimple(リンプル)は東証1部上場のプロパティエージェントが運営し、劣後出資比率も30%と高く大変人気のあるサービスです。

本シリーズは主に次のような理由から毎回、募集額以上の応募が集まる人気となっています。

  • 東証1部上場企業が運営するサービスであること
  • 劣後出資割合が30%と高い割合であること
  • 予定分配率(利回り)が4.0%以上と高いこと
  • 全抽選方式のため初心者でも当選の可能性があること

本記事ではこれらの点の詳細や、その他各種データからファンドシリーズの分析を行っています。

こういった情報が、今後Rimpleをご利用される際の何かご参考にならばと思います。

なお本記事は2020年12月25日(金)18時募集開始予定の10号ファンドまでの情報を分析しています。

Rimple(リンプル)

「Rimple’s Selection」シリーズの概要

本シリーズでは主にRimple運営会社のプロパティエージェント(PA社)開発の投資用マンション「クレイシア」シリーズへの投資が募集されます。

またこの時、投資家と同時にPA社が一緒に30%分を投資家よりも不利な立場で出資(劣後出資)を行います。

Rimple's Selectionのスキーム

Rimple’s Selectionのスキーム

ヒント君
ヒント君

劣後出資の割合は高いほど投資家のリスクが軽減されますが、他サービスに比べRimpleの30%は高めの設定となっています。

ちなみに投資家の利回りや元本償還は、出資不動産の賃料や売買益から支払われる形となります。

このため劣後出資があってもその不動産が火災や天災に見舞われた場合などは、元本割れする可能性もあります。

Rimple(リンプル)

「Rimple’s Selection」シリーズのデータ

本シリーズの傾向の理解のため、次のデータを分析しています。

  1. 予定分配率の傾向
  2. 募集額と倍率の傾向
  3. 各ファンドの運用状況

予定分配率の傾向

本シリーズの予定分配率は1号ファンド以外は4.0~5.0%の間で推移しています。

Rimple's Selectionの予定分配率の傾向

本シリーズの予定分配率の傾向

予定分配率は徐々に下がっていますが、まだ何とか4.0%を保っている状況ですね。

今後は3%台になる可能性もあるため、今のうちに投資出来ている方はラッキーだと思います。

Rimple(リンプル)

募集額と倍率の傾向

本シリーズの募集金額と抽選倍率の傾向をご紹介します。

Rimple's Selectionの募集額と倍率の傾向

本シリーズの募集額と倍率の傾向

1号は予定分配率が高く極端に高くなっていますが、それを除くと4~5倍前後といったところでしょうか。

なお8号は募集金額が多かったことから低倍率となっていますが、管理人は落選しています(悔しい)。

Rimple(リンプル)

各ファンドの運用状況

本ファンドシリーズは 1~3号まで償還済の状況です。

優先出資額運用終了金額運用中金額
終了1.5億円1.5億円0円
43,381万円0円3,381万円
56,160万円0円6,160万円
64,343万円0円4,343万円
78,085万円0円8,085万円
8約1.5億円0円約1.5億円
94,767万円0円4,767万円

この通り今までに合計約5.7億円の優先出資のうち約1.5億円、つまり約26.7%の運用が終了している状況です。

また現時点での元本割れは1件も無いため、安定した実績を築いていっています。

Rimple(リンプル)

10号ファンドの情報について

最新ファンドの情報についてはこちらをご確認下さい。

ファンドについて詳しく

またRimpleのサービスについてはこちらで詳細にご紹介しています。

【2021年6月】Rimple(リンプル)のメリットは?デメリットや評価も合わせて徹底解説!
東証1部上場企業が運営する不動産投資型クラウドファンディング「Rimple(リンプル)」。投資対象の不動産価値が下落しても30%カバーされる仕組みとは?メリットだけでなくデメリットも、管理人の運用実績も詳細解説中。

ご興味がありましたら、是非ご利用下さい。

タイトルとURLをコピーしました