ポケットファンディングの特徴と評価 (沖縄ならではの案件が魅力)

4.0

ポケットファンディングについて

ポケットファンディングは沖縄発のサービスらしく、沖縄県内の不動産担保ファンドを中心に「軍用地担保ファンド」など沖縄らしいファンドを多く扱っています。

また特にここ最近は急激に人気が高まってきており、ファンドの募集開始から短時間で完売するようになってきています。

運営会社ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
資本金7,995万円
サービス開始2017年08月(比較
利用者数非公開(比較
実績金額約14億6,164万円 (2020年2月末現在)(比較
主な特徴先着申込式・前入金式

利回りはどれくらい?

4.0%~(年利・税引前)

上限は示されていませんが、下限については代表的なサービスと比べてやや落ち着いた程度といったところでしょうか。

(参考)代表的なサービスの利回り目安
サービス利回り目安
OwnersBook2.0~6.0%
SBIソーシャルレンディング3.0~10.0%
クラウドクレジット5.5~11.0%

ただ、サービス開始から2019年12月17日までに運用終了したファンドの実績平均利回りを計算してみると6.53%と、それなりの高さになっていました。

ファンドの運用実績

デフォルト率0%

サービス開始からこれまでのデフォルト率は0%です。

(参考)2020年3月2日現在の運用実績
件数金額
運用開始済み173件約14.6億円
償還済み127件約8.6億円
デフォルト0件0円
デフォルト率0%

投資に必要な最低資金

最低1万円~

業界内で標準的な最低資金からの投資が可能です。

(参考)代表的なサービスの最低必要金額
最低必要金額サービス名
1円~
1万円~
50万円~
多くのサービスでは1万円以上は1万円単位での追加投資となりますが、ポケットファンディングでは1,000円単位の追加投資が可能です。

募集ファンドの種類

ポケットファンディングでは沖縄の不動産(本島、石垣島、宮古島など)の担保ローンファンド、特に軍用地ファンドが人気ですが、次のようなファンドも募集されます。

  • 外人住宅を担保としたファンド
  • 東京不動産ファンド
  • S.A.G.Aファンド(佐賀県)
  • 地方創生(鳥取)ファンド
  • 地方創生(神奈川)ファンド

ポケットファンディング

投資に必要な手数料

あらかじめ各種手数料が引かれた後での利回りが投資家に提示されるため、入出金手数料を除いて追加の手数料は基本的に不要です。

入出金手数料

入金手数料投資家負担
出金手数料有料(後述)

入金手数料は投資家負担ですが、振込口座(那覇支店)と同行、または手数料の低いネット銀行からの入金によって多少抑えることができます。

出金手数料

出金手数料は出金先の銀行・支店により変わります。

出金額みずほ銀行他行宛
那覇支店宛他支店宛
3万円未満無料220円550円
3万円以上無料440円770円

その他のお勧めポイント

ポケットファンディングでは2019年夏に「ウチナーま~さむん(沖縄の美味しい物)キャンペーン」として投資金額に応じて沖縄県産品が貰えるキャンペーンがありました。

他のサービスでは現金やポイント、Amazonギフト券は見かけますが、流石にこれは沖縄発のポケットファンディングならではのキャンペーンですね。

評価とポイントまとめ

総評 4.0 中級者にオススメ
サービス運営会社は上場企業であったり証券会社であったりもしないため安定度が図りづらく、メイン投資先としての評価はしづらい。

ただしサービス開始からのデフォルト率0%、沖縄案件の魅力なども考慮すると、分散投資先の1つとして十分に検討に値する投資先と評価しています。

ポケットファンディング

個別項目の評価・ポイント
項目評価・ポイント
運営会社の信頼性3.0
親会社は2011年4月設立、未上場の株式会社財前GROUP。
サービスの人気度4.0
少し前まで穴場的ではあったが、最近は人気上昇中。
利回り目安4.0
目安は4.0~となっているが実績では6%程度は期待できそう。
ファンド運用実績5.0
現在までのところデフォルト率0%。
投資しやすさ4.0
募集ファンドはそこそこあるが、最近は短時間で完売となる事が多い。
各種手数料4.0
出金手数料はみずほ銀行への振込手数料分が必要となる。
使いやすさ(UI)3.0
可も無く不可も無く。

管理人の運用実績

+28,542

配当金額損失金額
2018年11,146円0円
2019年14,644円0円
2020年2,752円0円
合計+28,542円

ポケットファンディングはサブの投資先として利用していたため、そこまで大きな利益とはなっていませんが安定して十分に配当が得られています。

ただし最近の人気上昇ぶりを考えると、今後は追加投資を行うのも一苦労・・・という状況になってしまうかもしれません。

ポケットファンディング

タイトルとURLをコピーしました