臆病な投資家の投資状況を自己分析(SBIソーシャルレンディング 2017年11月編)

正直なところ私はかなり臆病な投資家です。

そして今回、SBIソーシャルレンディングでの投資状況を整理してみて、改めてこの傾向をはっきりと確認することができました。

SBISLの投資状況(2017年11月 1/2)

SBISLの投資状況(2017年11月 2/2)

一覧の内容をグラフ化すると次のようになります。

SBISLの投資状況 (2017年11月 グラフ)

ファンド名投資中金額合計
SBISL不動産担保ローン事業者ファンド¥2,357,286
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus¥700,528
SBISLサービサーズローンファンド¥670,106
SBISLバイオマスブリッジローンファンド¥500,000
SBISL不動産バイヤーズローンファンド¥500,000
SBISLメガソーラーブリッジローンファンド¥400,000

ソーシャルレンディング投資はよくミドルリスクミドルリターンの投資と言われますが、これは中でもかなりローリスク側に寄っているのではないでしょうか。

そもそもSBIソーシャルレンディングはSBIグループのため事業者自体の倒産リスクが低そうで、融資先への貸付金利も抑えてられているため融資先の倒産リスクも低いと考えています。

ただ中でも不動産担保付きでリスク低目、代わりに利回りも低い「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」の割合がここまで大きいのはやり過ぎだったと反省しています(それでも定期預金に比べればかなり利回り高めですが)。

リスク低目のファンドに多く投資している理由

私がリスク低目のファンドに投資しているのはもちろんリスクが怖いからですが、その分ソーシャルレンディング投資全体ではリスクヘッジが出来ていると考えています。

お陰で心理的な余裕が持てることにより、他のソーシャルレンディングサービスの目標利回りが10%を超えるようなファンドにも数100万円分の投資を行うことが出来ています。

ただここ数年、私の把握している限りでは(みんなのクレジットさんのような例外は除き)デフォルトの無いソーシャルレンディング投資では、全力で高利回りのファンドに投資するのも一つの方法だと思います。

サービス(SBIソーシャルレンディング)の特徴

SBIソーシャルレンディングは2011年にサービス開始した日本で3番目に古いソーシャルレンディングサービスです。また、その名の通りネット金融最大手のSBIグループの一翼を担っているサービスでもあります。
  • SBIグループのサービスであること
  • 業界№1のサービスであること
  • バラエティに富んだファンドたち

SBIグループのサービスであること

SBIソーシャルレンディングはその名の通りネット金融最大手のSBIグループの一翼を担う企業のため、SBIソーシャルレンディング自体の安定性もSBIグループのそれが揺るがない限りは守られていくだろうという期待感が持てます。

業界№1のサービスであること

またSBIグループの一員であるという「名」だけでなく、「Gomezソーシャルレンディングサイトランキング(2019年2月)」「富士通キメラ総研 決済関連市場調査クラウドファンディングマーケットシェア(2018年実績」の2つの分野で№1という「実」も兼ね合わせて持っています。

バラエティに富んだファンドたち

SBIソーシャルレンディングでは最も多い不動産関連のファンドから太陽光発電など再生利用可能エネルギーに対する投資、またそれ以外に近年成長著しいカンボジアの自動車市場やマイクロファイナンス市場への投資など、バラエティに富んだファンドの募集が行われます。
SBIグループ運営の人気サービスはこちらSBIソーシャルレンディング

コメント