8月キャンペーン!COZUCHI、利回り不動産など

AGクラウドファンディングで貰えるVプリカギフトの使い方をご紹介

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
先日、貸付型CFのAGクラウドファンディングからVプリカギフトが送られてきました。

ただ何度か貰ったこのVプリカ、意外に利用方法が難しくて毎回手順を思い出しながら利用してるんですよね。

そこで今回、僕がVプリカを利用してAmazonギフト券をチャージするまでの手順を記録として残してみました。

もし同じように毎回悩んでいる方がいらっしゃいましたら、是非ご利用頂ければと思います。

AGクラウドファンディング

そもそもVプリカとは何ぞや

Vプリカとはアイフル系のライフカード社が発行しているネット専用のVisaプリペイドカードのことです。

AGクラウドファンディング運営会社もアイフルグループに所属している関係でキャンペーンで良くプレゼントされているようです。

僕は受け取ったVプリカをAmazonギフト券のチャージに利用していますが、nanaco、楽天Edy、Suicaなどにも利用できるようです。

このため今回の説明はAmazonギフト券の購入になりますが、皆さんの使いやすい方法で利用することも可能です。

AGクラウドファンディング

VプリカでAmazonギフト券を購入する流れ

ここからは実際にVプリカでAmazonギフト券を購入する流れについてご紹介しています。

メールで届くVプリカギフト

最初にAGクラウドファンディングから「【Vプリカ進呈のご案内】AGクラウドファンディング○○キャンペーン」というメールが届きます。

またメールには次のようにVプリカギフトの「金額」「認証番号」「カード番号下4桁」「有効期限」が記載されています。

Vプリカギフト(例は無効)

ただこの時点ではVプリカは利用できず、Vプリカのサイトでカード番号などを取得する必要があります。

AGクラウドファンディング

Vプリカカード番号の確認

まずVプリカ公式サイトを開いて、右上の「Vプリカギフト」欄を選択します。

Vプリカ公式サイト

次に「カード情報確認」画面で注意事項3点と利用規約を確認し、全てのチェックボックスにチェックをして「次へ」を選択します。

「カード情報確認」画面

次に「カード情報確認 入力」画面で、Vプリカギフトの「認証番号」「カード番号下4桁」と画像認証の5文字を入力して「確認」を選択します。

「カード情報確認 入力」画面

以上の手順でVプリカギフトカードが表示され、画面のカード番号と有効期限などをクレジットカードなどと同じように利用することが出来ます。

Vプリカギフトカード

AGクラウドファンディング

VプリカをAmazonで利用

まずAmazonを開いて、右上の「アカウント&リスト」欄から「アカウントサービス」を選択します。

Amazon

次にAmazonのアカウントサービス画面から「Amazonギフト券」を選択。

アカウントサービス

次にAmazonギフト券の画面から「Amazonギフト券(チャージタイプ)をチャージする」を選択。

ギフト券画面

次にAmazonギフト券チャージ画面でVプリカギフトの金額を上限に、「金額」欄から入金額を選択または入力して「今すぐ購入」を選択。

Amazonギフト券チャージ画面

次に「注文内容を確認・変更する」画面の「支払い方法」欄の横にある「変更」を選択。

注文内容確認画面

次に「お支払い方法を選択」画面下部にある「クレジットまたはデビッドカードを追加」を選択。

お支払方法を選択画面

ここでVプリカのカード番号と名義人(LIFECARD)、有効期限を入力して「カードを追加」を選択。

カード追加画面

以上でVプリカがAmazonギフト券チャージに利用できるようになりますので、そのまま進めることで購入することが出来ます。

AGクラウドファンディング

Vプリカ利用に関する注意点

Vプリカは発行や最終利用日から3ヶ月を経過すると翌月25日から毎月125円(税込)の休眠カード維持費がかかります。

またVプリカおよびVプリカギフトは発行日から1年後の月末にカード番号が無効となり、残高が全て没収されます。

このため、AGクラウドファンディングからVプリカギフトをプレゼントされたら早めに利用することをお薦めしておきます。

AGクラウドファンディング
AGクラウドファンディング

AGクラウドファンディングは東証プライム上場のアイフルグループ運営の貸付型クラウドファンディングサービスです。

  • 東証プライム上場企業グループ運営
  • 貸付先はアイフル本体
  • 2021年9月開始
  • 利回り目安1~5.8%
  • 1万円からの投資
タイトルとURLをコピーしました