LTV(Loan to Value)

LTV(Loan to Value)とは、担保価値に対する貸付金額の割合のことを指す言葉で、投資リスクの状況を示す指標の1つとなります。

LTVの計算イメージ

例えば、評価額13億6,000万円の担保に対して合計10億8,800万円の貸付が行われる場合、LTVは貸付金額÷担保評価額を計算した80%となります。

OwnersBookでのローンのイメージ

この場合ざっくり言うと、貸付先が破綻しても担保を売却し元の評価額の80%以上の価値で売却出来れば元本が戻ってくることを示しています。

つまりLTVが低ければ低いほど投資リスクは低くなり、高いほど投資リスクも高くなります。

担保売却額は元の担保評価の妥当性、運用期間中の価値下落などにも影響されるため、LTVを妄信せず、参考程度に考えておくことをお勧めします。

LTVの上限を定めているサービス

貸付の際に、LTVの上限を定めているサービスもあります。

タイトルとURLをコピーしました