ソーシャルレンデイング投資関連で年収800万円を目指すワザ!(直球編、変化球編)

国税庁の「平成28年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-(PDF)」によると、給与所得者4,869万人を100万円単位で分布すると(最上位は500万円単位など)、最多分布域は300~400万円の約854万人(構成比17.5%)となっています。

今回これに対して年収をソーシャルレンディング投資関連の手段で最多分布域から2倍以上の800万円超とする直球的な方法と、変化球的な方法で達成する2案を考えてみましたのでご紹介します。

ちなみに同資料によると給与所得が800万円を超えているのは約433万人(同8.9%)とかなり上位に位置されますので、これだけ貰えることが出来れば結構満足できるのではないでしょうか。

直球編

先日、次の記事で私のソーシャルレンディング投資での今年の利回り見込みが5.5%程度になりそうだとご紹介しました(ソーシャルレンディングで分散投資をしているとこの辺りに落ち着くことが多そうです)。

SL投資で毎月10万円の分配金を受け取るには?今月の私のSLポートフォリオをご紹介。
ソーシャルレンディング投資を始めてしばらくすると毎月分配金が入るようになり、しかも定期預金よりも遥かに大きな金額が振り込まれるので、つい嬉しくなってその金額を眺めたりしちゃいますよね。 そしていつの間にか最初は数十円だった分配金が、投...

この数字をもとに、また給与所得300~400万円の方を上限の400万円と仮定して残りの400万円をソーシャルレンディング投資だけで稼ぐためには次の投資資金が必要になります。

400万円 ÷ 5.5% = 約7,273万円

ななせんにひゃくな・・・うん、普通のサラリーマンにとっては中々用意できる金額ではないですね笑

と言うわけでソーシャルレンディング投資「関連」で、あちこちから突っ込みがありそうですが別の方法で年収800万円を稼げる方法をご紹介します。

変化球編

今回、変化球編としてご用意したのは「ソーシャルレンディング関連企業に転職する」プランです笑

そもそもこの記事を書こうと思ったきっかけは次の求人募集の記事を見つけたことでした(記事掲載期間が9月7日~20日のためタイムリーでした)。

https://mid-tenshoku.com/job/j-7558021/

こちらの記事では社名は伏せてありますが、断片的な情報や「不動産とテクノロジーの融合が未来のマーケットを切り開く」という経営理念を検索してみると、O○n○r○B○o○を運営している「ロー○○ター○ャピ○ル株式会社」だとすぐに分かりますよね!笑

詳細な条件は募集要項を見て頂くとして、提示されている年収は「600万円~799万円」となっており、数年勤続していれば年収800万円超が夢ではなく現実的な数字になっていると思います。

ただ金融関係の経験が3年以上必要であったり、社長以下お偉いさんに東大をはじめレベルの高そうな大学出身の方が並んでいるなど若干大変かもしれませんが、直球編の7,273万円以上を用意するよりはずっと現実的な方法ではないでしょうか。

ご興味があれば是非、上記サイトから求人申込をしてみて下さい!

サービス(OwnersBook)の特徴

OwnersBook OwnersBookは2014年9月のサービス開始から安定した配当を継続しており、私自身も常に500万円以上を投資しているソーシャルレンディングサービスです。
  • 上場企業による運営
  • 不動産のプロが案件を厳選
  • しっかりとした不動産担保

上場企業による運営

ソーシャルレンディング投資では運営会社の安定性が非常に重要となります。 その点、OwnersBookの運営会社は東証マザーズ市場に上場しているため、常に市場から評価される立場にあり未上場の会社に比べると安心感が持てます。

不動産のプロが案件を厳選

不動産投資
OwnersBookの運営会社はもともと不動産投資事業が本業のため、多くのメンバーが20年以上の不動産事業の経験を保有しており、OwnersBookではその経験豊かなプロ達が厳選した案件の募集が行われています。

しっかりとした不動産担保

OwnersBookでは、融資先に貸付を行う際に必ず不動産担保を設定しており、また貸付金額を不動産評価額の80%以内に制限することによって投資元本棄損のリスクを軽減しています。
必ずしも不動産評価通りの価格で売却できる訳ではないため元本が棄損する可能性もあります。
抽選申込開始でより投資しやすく!OwnersBook

コメント