今月も見逃しキャンペーンが無いか超チェック!

【祝】COZUCHIが募集金額200億円突破!&業界№1の座へ!

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのCOZUCHIがついに総募集金額200億円を突破、また業界№1の座に就く見込みである事が分かりました!

参考 COZUCHIのメリット・デメリット

まずこのブログの統計情報ページでCOZUCHIの総募集金額は約183億7,148万円(8月20日18時現在)と確認することが出来ます。

またこの金額には本日19時から一般募集の「広尾 一棟ビル」と8月24日から優先募集の「自由が丘 一棟ビル」の金額はまだ含まれていません。

「広尾&自由が丘 一棟ビル」案件

このため両ファンドの募集金額4.5億円と12億円を加算すると総募集金額が200億2,148万円となり、200億円を突破することが確認出来ます。

さらにこの金額は、現時点で業界№1のCREALの総募集金額190億0,515万円を超え、ついにCOZUCHIが業界№1となることになりますね。

まさお
まさお

業界№1の座、おめでとうございます。またこれからも益々の面白いファンドの募集を期待したいですね。

「総額200億円突破記念キャンペーン」

  • 期間は2022年12月14日(水)までと短め
  • 投資家登録でAmazonギフト券1,000円分が貰える
  • ただし11月17日からの先着500名まで

※詳細は公式サイトを要確認。

COZUCHI

COZUCHIの人気の理由について

COZUCHIがここまで人気となった理由は元々の想定利回りの高さに加え、投資対象の物件売却益から更に分配を行う独自の方針にあります。

まさお
まさお

ただし逆に売却益が想定以上に下がった場合は、最終利回りが想定利回りを下回る可能性もあるため要注意。

また個人的にはそれと同じくらいCOZUCHIが人気の理由に、ファンド説明、特に売却に至るまでのプランの説明の面白さもあると考えています。

例えば最近募集された湯島案件ではまず「開発用地として売却」、それが難しい場合は「共同事業者による買取オプション及び他への売却」を計画。

さらにそれも難しい場合は「収益物件への方針転換によるリスクヘッジ」など複数のプランを事細かに投資家に説明してくれています。

不動産型CFにはこういった説明をほぼ書かないサービスもあります。

もちろん問題無ければそれでも構いませんが、COZUCHIではこの説明文によって、さらに実際に投資面白さも教えてくれている気がしますね。

COZUCHI

タイアップ&初回投資キャンペーン

さてそんなCOZUCHIですが、現在このブログ経由での投資家登録でAmazonギフト券2,000円分が貰えるキャンペーンを実施中です。

また登録完了日から90日以内に10万円以上の投資実行で、投資額の1%分のAmazonギフト券が貰えるキャンペーンも行われています。

まさお
まさお

前者だけ狙うことも可能ですが、投資意欲のある方はこの機会の登録と投資で有利な形で投資を開始できそうですね。

COZUCHIにまだ登録されていない方は、この機会に公式ページを確認してみては如何でしょうか。

COZUCHI(こづち)
COZUCHI

COZUCHIは案件大成功時に予定利回り以上の分配発生もある、大人気の不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

※12月14日(水)までの投資家登録でAmazonギフト券1,000円分が貰える!(ただし11月17日からの先着500名まで)

 

タイトルとURLをコピーしました