東証プライム市場基準適合企業Grの新サービス(記事)

バンカーズの新ファンドは大人気化の可能性も!

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお

バンカーズで10月14日(木)12時から募集の「サービサー事業支援ファンド第1号」が気になります。

サービサーと言えば、かつてSBIソーシャルレンディングで「SBISLサービサーズローンファンド」が募集されていたからです。

SBISLは現在、新規会員募集を停止して残ファンドの運用のみを行っている状況です。

もしかすると何か関係あるのか・・・。

生憎、そこは公開情報では見つからないため明確にご紹介することは出来ません。

ただ折角ですので、両ファンドの条件の比較やバンカーズの担保の状況などについてご紹介しておきたいと思います。

バンカーズ

そもそもサービサーとは何か

サービサーとは主に不良債権の回収を専門に行う業者のことです。

こう聞くとなんだか怪しそうな業者に感じるかもしれませんが、法務省の営業許可を取った歴とした企業です。

参考 債権管理回収業に関する特別措置としている制度

また不良債権と言っても100%回収不能なものばかりでは無く、デフォルト率なども考慮して回収活動を行っているようです。

バンカーズ

両ファンドの募集条件比較

今回のバンカーズの物とSBISLで最後に募集された「SBISLサービサーズローンファンド9号」の募集条件を比較してみます。

バンカーズSBISL
募集金額9,500万円3億円
運用期間約1年約3年
利回り※6.0%5.5%
貸付金利7.0%7.0%
出資単位1万円5万円
担保借手が保有/購入する特定金銭債権
保証個人の連帯保証なし

※利回りは予定利回り、年利、税引き前

まさお
まさお

バンカーズの物の方が運用期間が短く利回りアップ、保証付きと条件が良くなっているようですね。

もちろん貸付先のサービサーが同じとは限らないため、あくまでもデータ上の比較である点はご注意下さい。

両サービスにアカウントがある方は、ログインして貸付先を確認可能です。

バンカーズ

担保の特定金銭債権について

ファンドに担保設定される特定金銭債権は債権数:約8,409件、元金残高:19億1,300万円分とのことです。

また第三者(同業他社)による担保評価額は1億2,580万円とのことです。

つまり債権元金残高の約93.4%がデフォルトや債権回収コストにより失われる可能性が見込まれているのでしょうね。

また上記より、今回の担保評価額に対する貸付額の割合であるLTV(Loan To Value)は約75.5%とのことです。

バンカーズ

SBISLサービサーズローンファンドの状況

バンカーズの今回のファンドと単純比較は出来ませんが、参考までにSBISL側の状況をご紹介しておきます。

  • 9号まで募集済
  • 7号までは償還しており、合計約47億円が正常返済済
  • 8,9号は約1.4億円/4.9億円が償還済
まさお
まさお

僕自身は9号の運用が残っていますが、過去問題が無かったことからあまり心配せず運用中です。

バンカーズ

Amazonギフト券プレゼントも

なお本ファンドへの投資額に応じてAmazonギフト券のプレゼントもあります。

貰えるギフト券額

元々の利回りが6.0%もある上、さらにAmazonギフト券も貰えるため人気化もありえそうですね!

まさお
まさお

ちなみに募集開始は明日ですが、抽選申込式で19日まで募集が行われます。

このため焦る必要はありませんので時間を掛けて情報を検討してみることをお勧めします。

ちなみに僕自身は30万円または50万円のどちらかで投資申込しようと検討中です。

バンカーズ
バンカーズ

1974年設立の老舗企業が2020年12月に開始した融資型クラウドファンディングサービス。

  • 利回りは2.5~4.5%前後
  • 商業手形割引を用いたファンドなど
  • 運用期間は6~24ヵ月程度
  • 1万円から投資が可能

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました