CAMPFIRE Owners「日本保証による保証つき 世田谷区土地活用ファンド」について問い合わせた結果

CAMPFIRE Owners「日本保証による保証つき 世田谷区土地活用ファンド」

先日、CAMPFIRE Ownersの「日本保証による保証つき 世田谷区土地活用ファンド」についてこのブログでご紹介したかと思います。

掟破りの日本保証付き案件がCAMPFIRE Ownersが募集となります!(敷地延長宅地って何?)
“応援を届ける” 融資型クラウドファンディング「」で7月1日(水)11時から日本保証による保証つきの「世田谷土地活用ファンド」が募集予定です。 まさお このファンドの募集発表、めっちゃ驚きました! ...

「敷地延長宅地」なのが気になっていました

この時の記事でもご紹介していますが、今回のファンドで貸付先が購入する予定の土地は敷地延長宅地(旗竿地)となっています。

漫画好きの管理人は「正直不動産5巻」やバラエティ番組で、旗竿地の竿部分の幅が2mに満たないと建築基準法第43条(e-Gov法令検索 )により上物の解体も出来ない残念な土地の可能性があるという知識を得ていました。

このためCAMPFIRE Ownersにこの点について問題無いか問い合わせて、次の回答を貰いました。

【CAMPFIRE Owners】 お問い合わせいただいた件につきまして

本ファンドの対象物件が、建築基準法43条の接道要件を満たしていることを、弊社および株式会社CAMPFIREの審査部門が提出を受けた資料から確認済です。

また、本ファンドでCAMPFIREが行う貸付は株式会社日本保証による債務保証があり、株式会社日本保証は対象物件に担保権を登記設定いたします。

このことから、株式会社日本保証が対象物件について一定の評価を認めているものと推察されますが、弊社および株式会社CAMPFIREが、株式会社日本保証が行った具体的な審査内容が完全および適切であることを保証するものではありません(※)。

(※)一般的に、金融機関等が行う審査内容が社外に公表されることはございません。

尚、お問い合わせの回答はすべて弊社がご対応させていただいておりますので、本回答にあたり株式会社日本保証は一切関与しておりませんことを、お含みおきください。

日本保証による担保権登記設定あり

まさお
まさお

ご存じでしたでしょうか?

日本保証は今はJASDAQ上場のJトラスト完全子会社ですが、2009年末までは東証1部に上場していた企業なんです。

また50年前の1970年に設立されており、その歴史ある企業が担保権を登記設定した上で債務保証しているので、本ファンドの信頼性はかなり高そうですよね。

ファンドのスキーム(日本保証の担保設定あり)

ファンドの申込状況と管理人のスタンス

記事を書いている時点では総募集金額6,900万円のうち610万円(8%)が集まっている状況です。

また管理人は漫画知識とCAMPFIRE Ownersの回答、また日本保証による債務保証に対する期待などから本ファンドにはすでに投資応募済です。

本ファンドの投資応募状況

もし先日の記事と、今回の回答などで合わせて興味を持たれたら、CAMPFIRE Ownersでの口座開設などご検討頂けますと幸いです。

まさお
まさお

ちなみにCAMPFIRE Ownersは投資申込の後の入金もOKとなっています。

CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners

連続起業家の家入一真氏が運営する購入型クラウドファンディングのCAMPFIREから派生した「事業者に“応援を届ける”サービス」。

  • 応援や社会貢献など事業共感型のサービス
  • 利回り目安1.5~8%
  • 過去のデフォルト率0%
  • 最低1万円から投資可能
  • 基本手数料無料
タイトルとURLをコピーしました