【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

この30万円…助かる?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
貸付型CFのCOMMOSUS(コモサス)で3月22日(水)19時から新ファンドが募集開始の予定です!

今回募集される「オンラインファクタリング事業ファンド2号」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:3,000万円
  • 予定利回り:7.0%(年率)
  • 運用期間:約11ヵ月
  • 保全方法:個人による連帯保証契約あり
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
COMMOSUSは最近COZUCHIとの協業ファンドで10億円満額を集めたばかりのサービスですよね。

今回はそのわずか3%の3,000万円の募集となるためきっちりと完売してくると思われますが、後はどの程度の時間で完売するか要チェックですね。

COMMOSUS

今回のファンドのポイントは?

さて今回のファンド詳細を読んでみまして、僕個人が今回のポイントと思った個所についてリストアップしておきたいと思います。

  • 貸付先企業はファクタリング(売掛債権の買取)事業者
  • オンライン完結型サービス「QuQuMo」を展開
  • 売掛債権のデフォルト率は約0.003%(前期実績)
    ※デフォルト率は以前より低下中とのこと
  • 3月31日に2,000万円の返済が行われ、今回は3,000万円の貸付
  • 現在その他、COMMOSUS経由では3,000万円を貸付中
まさお
まさお

今回は事業拡大により申込件数が増えているにも関わらず資金不足で買い取れない状況解消のための借入とのこと。

 

実際の事業拡大状況などは僕個人では把握できませんが、COMMOSUS側がきちんと確認しているはずですね。

あともう1点、QuQuMoのサービスで興味深く思ったのが資金回収の方法。

QuQuMoのサービス

売掛債権を買い取ったら取引先から資金を回収するのかと思ったら、QuQuMoのお客様から回収するようですね。

これによってお客様は取引先に自身の資金繰り状況などを知られずにサービスが利用できるのも人気のポイントなのかもしれませんね。

まさお
まさお

他のファクタリングサービスでは取引先から回収する場合もあるようです。

COMMOSUS

この30万円…助かる?

さて実は僕のCOMMOSUSの口座には今、30万円のデポジットが眠っています。

僕のCOMMOSUSのデポジット

この資金は最近2ファンド同時に償還され、今月募集のあった「京都世田谷区一棟マンション再生事業ファンド」フのために残しておいた資金。

ところが残念ながらその時はファンド募集を忘れていて投資申込できず、また一部資金を出金しており今月はもう出金出来ない状況。。。

まさお
まさお

COMMOSUSは月1回は出金手数料無料ですが、その後は770円掛かるんですよね。

もちろん来月まで待って出金しても良いのですが、折角なので今回のファンドへの投資資金として利用する予定です。

ただしもちろん、また募集時間を忘れなければ・・・ですが。

COMMOSUS(コモサス)

COMMOSUSは2019年のサービス以来、元本割れなく年利回りも5%程度が狙える中堅の貸付型(融資型)クラウドファンディングサービスです。

  • 2019年9月11日サービス開始(4年超)
  • COZUCHIとの協業ファンドあり
  • 優待付きファンド募集あり

タイトルとURLをコピーしました