(7月31日まで)FundsでAmazonギフト券5,000円分!

COZUCHI新ファンドは完売しない可能性も?

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのCOZUCHIで6月3日(金)20時から新ファンドが募集開始の予定です!

今回募集されるファンドは「虎ノ門 再開発プロジェクト フェーズ1」。

  • 募集金額:15億円
  • 想定利回り:4.0%(年利)
  • 運用予定:12ヵ月
  • 劣後出資割合:11.8%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお

また10億円超え…COZUCHIで投資していると不動産型CFの感覚がおかしくなってしまいそうですね。

COZUCHI

投資対象の物件と狙いについて

今回の投資対象は東京地下鉄銀座線「虎ノ門」駅直結の再開発事業地内の4物件とのことです。

虎ノ門エリアの位置関係

4物件には居宅、事務所、店舗x2が含まれていますが、再開発後に同地区に新築されるオフィスビルへの権利変換を狙うプロジェクトとのことです。

再開発前の不動産持分に対して新築ビルの一部の持分の権利を受け取る形ですね。

また現在の延床面積約147坪に対して約96坪ほどの権利変換が割当予定ですが、協議で増やすことでアップサイド配当を狙うようです。

まさお
まさお

今回の想定利回りはCOZUCHIにしては低目の4.0%ですがアップサイド配当が期待できるのはポイントですね。

COZUCHI

フェーズ1での投資が今後の優先枠に

今回の再開発事業地の再開発完了までに4〜5年ほどが予定されており、フェーズ1終了後にはフェーズ2以降の計画があるようです。

またフェーズ2以降では前フェーズの投資家向けに優先枠が設けられるそうです。

このためフェーズ2では、そもそもフェーズ1に投資していないとほぼ投資不可能な状況になることも考えられます。

まさお
まさお

つまりCOZUCHIで長く投資を続けたいと思っている方は、今回のフェーズ1への申し込みは必須かもしれませんね。

COZUCHI

募集金額に満たなかった場合はどうなるの?

今回の募集金額は15億円ですが、例えば10億円しか応募が無かった場合は残りの5億円を事業者のTRIAD社が追加で劣後出資するそうです。

満額時の劣後出資割合は11.8%のため、もし本当に10億円しか集まらなかった場合は劣後出資割合は41.2%程度まで上昇することになります。

とか言っても最近のCOZUCHIの人気なら余裕で集まるでしょ。

まさお
まさお

僕もそう思いますが、想定利回りしか見てない人も結構いそうなんですよね。

例えば現在募集中の「新宿区〈曙橋〉事業用地 フェーズ1」は想定利回り6.0%で応募金額は12.7億円程度しか集まっていません。

この金額で「しか」と言えてしまうのは非常に驚くべき状況ですが…

曙橋の案件も追加配当ポリシーが示されているので、やはり詳細までは確認していない方も多いのかもしれませんよね。

まさお
まさお

個人的にはアップサイド配当あり、フェーズ2以降の優先枠ありで投資申込する気満々ですが。

とは言えどうなるかは蓋を開けてみるまでは分かりませんので、今回のファンドも明日の募集開始を楽しみにしておきたいと思います。

COZUCHI
COZUCHI

COZUCHI(旧WARASHIBE)はマンションや商業ビルなどの募集を中心とした不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

  • 2019年7月開始
  • 東京、神奈川の不動産中心
  • 優先/劣後出資方式
  • 売却益の投資家分配有り
  • 最高年利実績283.5%
  • 1万円からの投資

 

タイトルとURLをコピーしました