【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

COZUCHI「西麻布 一棟マンション」ファンドが選んだシナリオは?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのCOZUCHIで2月8日(水)19時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 COZUCHIのメリット・デメリット

今回募集される「西麻布 一棟マンション フェーズ2」ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:7億円
  • 想定利回り:6.0%(年率)
  • 運用期間:約2年
  • 劣後出資割合:15.2%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお
今回のファンドは去年の2月に募集された「西麻布 一棟マンション」ファンドの継続ファンド。

このため前回ファンドの出資者に対してその時の出資額を上限とした優先出資枠が設けられます。

本ファンドの優先出資枠

また最近のCOZUCHIの人気ぶりを考えると旧ファンドから新ファンドにそのまま移行する方も結構多いのではないかと思います。

このため旧ファンドに未投資の方には宝くじの高額当選に近い運が必要なほどの、高嶺の花ファンドになるかもしれませんね。

ただしそれでも「当選すればラッキー」といった心意気で申し込む方も多数いそうなので、また多くの応募額が集まりそうですね。

まさお
まさお

ちなみに僕は旧ファンドで20万円を運用中のため、この金額はそのまま移行申込の予定です(追加は考え中)。

COZUCHI

今回のファンドが選んだシナリオは?

フェーズ1募集時、COZUCHIからは今後の出口戦略に向けて3つのシナリオが提示されていました。

  1. リテナント(賃借人の入れ替え)による賃料アップからの転売
  2. 共有持分(当時8割)の残り部分の買取、一体化からの売却
  3. 共有持分の権利関係明確化による完全所有権による売却

また各シナリオの投資家側の利益見込みはシナリオ1で年利6%、シナリオ2で年利10%、シナリオ3は年利7.5%程度の予測とのことでした。

各シナリオの詳細はCOZUCHI公式サイトの説明に譲ります。

そして今回、新ファンドの説明によればCOZUCHI側がフェーズ2で選択するのは、2番目の年利10%を目指すシナリオとのことです。

まさお
まさお

もちろん確定年利ではなく今後の景況などにより期待利益を得られない場合や逆の場合もあり得ますけどね。

ちなみにシナリオ2の進捗は、共有持分残り所有者2名のうち1名は交渉および取得完了、もう1名は2年後までに協議が整う見込みとのこと。

このためフェーズ2ファンドの運用期間は2年と長めとなっていますが、余裕資金の範囲で投資判断をしていきたいですね。

COZUCHI

COZUCHIのタイアップキャンペーンも

最後にですが、COZUCHIへの投資家登録だけでAmazonギフト券1,000円分(先着500名様)が貰えるタイアップキャンペーンも継続中です。

今回はひとまず2/14(火)までの予定です。

このキャンペーンは実際に投資を実行しなくても貰えるのは1つポイントです。

ただCOZUCHIは高利回りな上、非常に面白いファンドも多く、投資家からの人気も高いサービスなので是非そちらもチェックしてみて下さい。

まさお
まさお

ちなみに僕自身も現在、COZUCHIで390万円を運用させて頂いています。

COZUCHI(こづち)
COZUCHI

COZUCHIは案件大成功時に予定利回り以上の分配発生もある、大人気の不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

当ブログ経由で2月25日(日)までに投資家登録を行うだけでAmazonギフト券2,000円分、さらに初回投資金額に応じて最大で48,500円分が貰えます!

タイトルとURLをコピーしました