【2024年6月】各サービスで実施中のキャンペーン

DARWIN Funding 開発型2号の物件「BASE 三ツ沢下町」の「BASE」って何?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのDARWIN fundingで2月1日(水)10時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 DARWIN fundingのメリット・デメリット

今回募集される「DARWIN Funding 開発型2号」ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:7,500万円
  • 予定利回り:5.5%(年率)
  • 運用期間:約10ヵ月
  • 劣後出資割合:20%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお
DARWIN Fundingは過去4件募集の平均利回りが約5.73%なのでそれに近い利益が期待できるファンドです。

また前回の「DARWIN Funding 開発型1号」が1億円募集に対して3倍超の約3.3億円の応募があったため今回も人気化が期待されます。

ただし今回はDARWIN funding史上最長の306日運用のためご留意下さい…と言っても他サービスより短めな10ヶ月運用ですけどね。

という訳で今回はファンド投資物件の「BASE 三ツ沢下町」についてと冠名の「BASE」の正体に迫ります。

「PayPayポイントキャンペーン」

DARWIN fundingへの新規投資家登録でもれなく500円分のPayPayポイントが貰えます!

※詳細は公式サイトをチェック。

DARWIN funding

BASE 三ツ沢下町について

今回のファンドの投資対象は横浜市神奈川区神大寺に所在する「BASE 三ツ沢下町」の開発です。

築年月日 2023年12月31日(予定)
物件種別 アパート
構造 木造
階数 地上3階建
全戸数 9戸
まさお
まさお

物件最寄り駅の三ツ沢下町駅は横浜駅まで地下鉄で2分の好立地に所在するようです。

ただし物件自体から最寄り駅までの距離は現時点では確認出来ないため、投資判断の際は契約成立前書面での確認が必須ですね。

DARWIN funding

BASEシリーズについて

今回の開発物件名の「BASE」はサービス運営会社のダーウィンアセットパートナーズが2017年から企画・販売中のアパートシリーズとのこと。

と云う訳で他のシリーズアパートの所在地を調査したところ下記の物件が見つかりました。

  • BASE上井草(東京都杉並区)
  • BASE練馬
  • BASE KSK XII(東京都葛飾区)

各物件の所在地から判断する限りでは、都心部よりもやや郊外寄りに開発が行われるシリーズのようですね(アパートですしね)。

まさお
まさお

たまたま見つけられたのが賃貸募集中の物件だけなので他にもあるのかもしれませんのでご留意を。

なお今回の物件周辺には横浜国立大学常盤台キャンパス、神奈川大学横浜キャンパスなどがあるとのことのため学生需要が期待出来そうですね。

詳しくまでは調査する時間がありませんでしたが他の物件も同じようなコンセプトで開発されている可能性も高そうですね。

DARWIN funding
DARWIN funding

DARWIN fundingは東京都港区南青山に本社を置く不動産会社が2022年6月に開始した不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

DARWIN fundingへの新規投資家登録でもれなく500円分のPayPayポイントが貰えます!

タイトルとURLをコピーしました