【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

DARWIN Funding 開発型3号で追加アマギフキャンペーン開始!実質年利回りを計算してみたところ・・・

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのDARWIN fundingで募集中のファンド限定で、豪華な追加キャンペーンが開始しました!

参考 DARWIN fundingのメリット・デメリット

今回の対象となる「DARWIN funding 開発型3号」ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:2億4,300万円
  • 想定利回り:5.5%(年率)
  • 運用期間:約1年6ヵ月
  • 劣後出資割合:10%
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
上記のような条件で東京都葛飾区東立石に10階建ての新築レジデンスを建築する開発型ファンドですね。

また開発型ファンドのため、運用終了時までに完成した物件を売却してその売却益を原資から配当と償還を行う形のファンドとなります。

なおDARWIN fundingでは前回の開発型2号ファンドで約2.3億の応募がありましたが、今回は今のところ約1.3億円とやや苦戦中の模様。

このため今回この対策として、DARWIN fundingからファンド応募で投資額の4.5%分のAmazonギフト券が当たるキャンペーンが発表されました!

DARWIN funding

Amazonギフト券を貰える条件など

投資額の4.5%と言えば10万円の応募に対して4,500円分のギフト券が期待できるため結構大きいですよね。

ただし今回の追加のキャンペーンには一定の条件があり、必ずしも全員が貰える訳ではない点には注意が必要です。

  1. 10口以上投資の投資家限定
  2. 100口以上は100口まで付与
  3. 抽選で100名様まで

ちなみに一人当たりの応募額を30万円と仮定すると今回の応募人数は810人となり、単純計算すると当選確率は約12.3%となります。

また応募額を100万円と仮定した場合の応募人数は243人となり、その場合は約41.2%ですね。

もちろんキャンペーン条件1でもう少し当選確率が高くなる可能性もあり参考値に過ぎませんが、概ねこの間の確率と思っておくと良さそうです。

まさお
まさお

なお過去実績では平均応募額は17万円程度のようですが今回は100口まではギフト券チャンスありますしね。

DARWIN funding

当選した場合の実質利回りは?

今回のファンドの運用期間は約1年6ヶ月のため、貰えるAmazonギフト券額を年利換算すると約3%(4.5÷18×12)ですね。

このため元の想定利回り5.5%に加算すると今回のファンドの年利回りは約8.5%が期待できることになります。

あれ?10%・・・

DARWIN funding
DARWIN funding

DARWIN fundingは東京都港区南青山に本社を置く不動産会社が2022年6月に開始した不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

DARWIN fundingへの新規投資家登録でもれなく500円分のPayPayポイントが貰えます!

タイトルとURLをコピーしました