【8/7募集】FANTAS funding「FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第31~34号」をまとめて紹介

不動産投資型クラウドファンディングのFANTAS funding2019年8月7日18時から「FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第31~34号」の募集が予定されていますので、4件まとめてご紹介します。

ご紹介している内容はあくまでも現時点の予定のものです。投資判断を行う前に必ず正確な情報を確認して下さい。

ファンドの基本的な情報

ファンド名FANTAS check (中古不動産流通)PJ 第31~34号
運用利回り4.00%(年利換算)
運用期間約1年
(2019年9月1日~2020年8月31日)
募集予定2019年8月7日18時~
Googleカレンダーに登録
担保/保証優先/劣後出資方式により不動産価格価格下落の20%まではFANTAS fundingが負担
募集金額31号:2,472万円
32号:2,792万円
33号:2,296万円
34号:2,200万円
物件31号:パレステュディオ目黒東
32号:イクサージュ目黒
33号:アクサス高田馬場
34号:調査中
※案件の画像から物件を独自に探しています。
必要資金1万円~
返済方法一括返済
  • 募集開始日
    2019.08.07 (18:00)
  • 募集終了日
    2019.08.12 (23:00)
    ※要注意!募集開始日から運用開始までの期間が空いています。
  • 運用開始日
    2019.09.01
    ↑約1年↓
  • 運用終了日
    2020.08.31

運用利回りの評価

本ファンドの運用利回りは4.00%(年利換算)と投資型クラウドファンディングの中では決して高くはない水準で設定されています。

基本的に利回りが高いファンドほどリスクが高くなりますが、担保の有無や営業者報酬、運用期間、サービス会社自体の安定性なども含めて総合的に判断するようにしましょう。

担保/保証の評価

FANTAS fundingでは担保/保証という形はとっていませんが、優先/劣後出資方式により不動産価格価格下落の20%まではFANTAS fundingが負担してくれるようになっています。

運用期間について

投資型クラウドファンディングでは運用期間の前後に運用準備期間、返金準備期間がありその期間も資金を拘束されるため、実質利回りが大きく低下する場合もありますので事前に確認しておきましょう。

目先の利回りで判断できないソーシャルレンディングの本当の利回りって?【早見表付き】
突然ですが次の2つのファンドがあった場合、どちらのファンドに申し込みますか? ファンド 運用期間 予定利回り A 1ヶ月 12.0%(年利換算) B 12ヶ月 6.5%(年利換算) ...
スポンサーリンク

サービス(FANTAS funding)の特徴

FANTAS fundingは1口1万円からの不動産投資を可能とする不動産投資型クラウドファンディングを提供するサービスです。
  • 不動産投資型クラウドファンディング
  • 優先/劣後出資方式による投資家の保護

不動産投資型クラウドファンディング

不動産投資
FANTAS fundingは不動産特定共同事業法に基づいて不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しており、また第1号事業者(4号まである)として登録されているため資本金1億円以上が必要など、厳しい行政による審査を経ている事業者です。

優先/劣後出資方式による投資家の保護

FANTAS fundingでは集めた資金を元に不動産を購入し、最終的に賃料と売却益から元本償還および利払いを行いますが、優先/劣後出資方式により売却損が発生した場合も20%の下落分まではFANTAS fundingが劣後出資者として負担します。
口座開設などはこちらへFANTAS funding

コメント