【2024年3月】メディア限定キャンペーンのご紹介!

不動産バンク「松戸市1棟アパート」の隠れ?キャンペーン

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFの不動産バンクで本日9月15日(金)19時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 不動産バンクのメリット・デメリット

今回募集される「松戸市1棟アパート」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:8,300万円
  • 想定利回り:6.00%(年率)
  • 運用期間:約1年
  • 劣後割合:約7.8%
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
不動産バンクの最近の劣後割合は7%台前半が連続していたため、今回の割合はやや高めといったところでしょうか。

とは言え他サービスに比べて決して高い割合ではありませんので、ご自身のリスク許容範囲と比較して投資判断されることをお薦めします。

ちなみに今回のファンドに10万円以上の投資を行うと、投資額の0.5%分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

今回は運用期間が約1年のため、年利もそのままとなり今回のファンドの想定年利回りはおおよそ6.5%と考えることも出来そうですね。

また普段、不動産バンクではこういったキャンペーンが行われる場合はファンド画像に「amazonキャンペーン対象!」と記載が行われます。

まさお
まさお

このため先に気付いている方は気付いていない方よりちょっぴり有利に応募が出来るかもしれませんね。

不動産バンク

今回の投資対象不動産について

さて、今回のファンドの投資対象物件は千葉県松戸市にある中古アパート2棟(ただしファンド的には1棟とみなして購入・運用・売却予定)です。

またこのアパートの現在の状況と今後の予定は次のようなストーリーとなっていました。

  1. 現在は内装・外装ともに修繕が必要な状態
  2. 大規模修繕によるバリューアップを実施
  3. 賃料アップも見込んだリーシング活動を実施
  4. 賃料と売却益を原資として元本償還および配当を実施
まさお
まさお

リーシング活動は居住者の募集のことですね。

上記はよくあるストーリーだと思いますが、 中古アパート2棟を1棟と見なす件はそこを説明するなら投資家にその理由も説明して欲しいところ。

想像ですが恐らくこの2棟は「○○コーポA、○○コーポB」として同じまたは近い敷地に隣接などしているのではないしょうか。

そういった理由でセット売りの方が高値で売れる見込みであるなど記載があると、より納得感を持って投資しやすくなりそうですね。

まさお
まさお

不動産バンクさんには次回、そういった点(投資家に何をアピールしたいのか)もケアして頂きたいと期待します。

不動産BANK
不動産バンク

不動産BANKは2022年11月に開始したばかりの不動産投資型クラウドファンディングサービスで、年利回り6.0%、優先劣後出資構造あり、投資資金の信託分別管理などの保全も実施しているサービスです。

タイトルとURLをコピーしました