Funds「あんばい」ファンド#9とあんばいシリーズ全体の現在の状況

Funds「リースバック事業「あんばい」ファンド」

貸付投資の「Funds」で本日19時から東証1部上場の不動産関連会社、株式会社インテリックスへの9号目のファンドが募集予定となっています。

Fundsと言えば上場企業向けの貸付に参加できるサービスですが、その中でも本ファンドは最多回数の募集が行われている人気シリーズとなっています。

このため本記事では、そのシリーズ全体の現在の状況や、貸付先であるインテリックスの業績予想なども合わせてご紹介しますので、投資判断の何かご参考になればと思います。

ファンドの基本的な情報

ファンド名リースバック事業「あんばい」ファンド#9
運用利回り1.70%(年利換算)
運用期間約11ヶ月
担保/保証なし/なし
募集金額5,000万円
必要資金1円~
返済方法一括返済
申込方式先着式

投資スケジュール

  • 募集開始
    2020年07月03日 19時
  • 募集終了
    2020年07月10日 15時
  • 運用開始
    2020年07月17日
    ↑約11ヶ月↓
  • 運用終了
    2021年06月30日

あんばいシリーズ全体の現在の状況

あんばいシリーズでは#8までに8億5,900万円の貸付が行われ、うち#1の1億円が返済済みです。

また#2もこの6月30日に運用終了となり、その2億4,400万円の返済と入れ替わりに#9で5,000万円の貸付が行われる形となります。

#利回り募集金額運用期間運用終了
13.50%1億0,000万円9ヶ月2020年02月29日
23.00%2億4,400万円11ヶ月2020年06月30日
32.50%5,600万円11ヶ月2020年08月31日
42.00%9,700万円12ヶ月2020年11月30日
52.00%1億9,300万円12ヶ月2021年01月31日
62.00%9,000万円12ヶ月2021年02月28日
72.00%2,900万円18ヶ月2021年10月31日
81.60%5,000万円9ヶ月2021年03月31日

Funds上ではまだ#2は「運用中」表記のままですが、遅延していたら#9の募集は行われないでしょう。

株式会社インテリックスの状況

本ファンドでの貸付先の「株式会社インテリックス」は6月30日に新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、2020年5月期の連結業績予想の各数値を下げています。

PDF 通期業績予想の修正に関するお知らせ(株式会社インテリックス)

業績予想(単位:百万円)
今期修正前今期修正後前期業績
売上高42,18237,86336,981
営業利益1,1641,1091,672
経常利益7417571,362
当期純利益500502832

このうち、営業利益、経常利益、純利益が前期から大幅減となっているのは計画通りのようです(中古マンション、物件取得増による影響など)。

また今期の売上高は修正後でも前期を上回る予想となっていますので、コロナ禍の影響は現状では大きく出てはいないようです。

今回の投資ポイントとまとめ

今回の投資ポイントには次の3点を挙げてみました。

  • 東証1部上場企業への貸付のためリスクは低め
  • また業績もコロナ影響は見られるがまだ大きな影響は無さそう
  • 同シリーズはすでに返済実績があり分配も予定通りに行われている

ただやはり利回り1.7%と言うのは気になりますね・・・

とは言え前回の#8が利回り1.6%できちんと完売していることを考えると、今回のファンド募集でも恐らく無事に完売するのではないかと想像しています。

このご時世、利回り高めのリスク高めファンドよりも利回りが低くてもリスクの低そうなファンドの人気が高まっているかもしれませんね。

Funds(ファンズ)
Funds

元ソーシャルレンディングポータルサイト運営会社が始めたサービス。テレビ東京WBSで特集されるなど高い人気を誇る。

  • 多数の大手企業などから出資を受けている
  • 東証一部など上場企業への貸付
  • 貸付先の新商品試食会への参加も
  • 利回り目安1.5~6%
  • 出金手数料無料

なお同じく東証1部の不動産会社関連の投資にご興味がある方は、RimpleCRE Fundingなども人気のサービスとなっていますので、もし良かったらご参考下さい。

タイトルとURLをコピーしました