【9/13募集】LENDEX「不動産担保付きローンファンド27号」の2つを比較!

東急リバブルと業務提携の「LENDEX」で2018年9月13日15時から「不動産担保付きローンファンド27-1号」および「不動産担保付きローンファンド27-2号」の募集が予定されています。

スポンサーリンク
ご紹介している内容はあくまでも現時点の予定のものです。投資判断を行う前に必ず正確な情報を確認して下さい。

ファンドの基本的な情報

ファンド27-1号27-2号
運用利回り7.00%(年利換算)9.00%(年利換算)
運用期間約10ヵ月
(2018年9月28日~2019年7月29日)
募集予定2018年9月13日15時~
Googleカレンダーに登録
担保/保証担保付 保証付
募集金額3,001万円3,801万円
必要資金2万円~
返済方法元金一括

運用利回りの評価

両ファンドの運用利回りはそれぞれ、7.00%9.00%(年利換算)とソーシャルレンディング投資ファンドの中では高めの水準で設定されています。

ちなみにファンドのリスクは利回りに応じて高くなる傾向にありますが、ファンドの最終的な借り手はサービス運営会社の手数料(事業者スプレッド、営業者報酬)分も上乗せして返済する必要がありますので、利回りの低い他のファンドよりも本ファンドの方がリスクが低い場合もあります。

このため事業者がこれを公開している場合はその手数料を含めてリスクを想定することをお勧めします。

担保/保証の評価

両ファンドは担保によりリスク軽減が図られているため、その内容と利回りのバランスから総合的に安全そうだと判断できれば、実際に投資申込をしてみるのも良いかと思います。

担保について

ちなみに27-1号と27-2号は同じ物件に担保設定がされており、利回りが少し低めに設定されている1号の方が優先的に保護される仕組みがとられています。

ただ今回の担保設定にあたってLENDEXは「①LENDEX独自の査定額と②第三者の調査価格とを比較して、低い方の80%を上限」にしていますので、2号の方でも大きな問題は無さそうに思えますね。

保証について

本ファンドには「代表者連帯保証」が付いていますが、スキーム図を見るとLENDEXがその保証を行うようにも読めます。

ただソーシャルレンディング業者自身が保証を行うという話はあまり耳にしませんので、この点については確認が必要ですね。

運用期間の評価

両ファンドの運用期間は10ヶ月とほどほどの長さに設定されていますので、直近に大きな出費予定がなければ申込を検討してみるのも良いかと思います。

ちなみに運用期間は短いほど運用期間前後の利回計算対象期間(貸付、返済の準備期間など)の影響により実質利回りが下がる傾向にある点には注意が必要です。

目先の利回りで判断できないソーシャルレンディングの本当の利回りって?【早見表付き】
突然ですが次の2つのファンドがあった場合、どちらのファンドに申し込みますか? ファンド 運用期間 予定利回り A 1ヶ月 12.0%(年利換算) B 12ヶ月 6.5%(年利換算) ...
口座開設などはこちらLENDEX
スポンサーリンク

サービス(LENDEX)の特徴

LENDEXは第三者による査定結果の利用を特徴とした不動産事業者関連のファンドを取り扱うソーシャルレンディングサービスです。
  • 第三者による査定結果の利用
  • 8~10%前後の高利回りが特徴
  • 過去の貸し倒れ、遅延無し

第三者による査定結果の利用

不動産投資
ソーシャルレンディングのファンドには不動産担保が付いていることが多くありますが、その評価査定はサービス事業者や貸付先企業のものが使用されている場合があります。もちろん必ずしもそれが虚偽の内容という訳ではありませんが、やはり第三者による査定、特に東急リバブルなど名の通った企業による物だと安心感があります。
不動産担保の付かないファンドも募集されていますので、きちんと確認してから投資判断を行って下さい。

8~10%前後の高利回りが特徴

LENDEXで募集されるファンドは8~10%前後の高利回りを特徴としており、最近では13%という超高利回りファンドの募集も行われることがあります。

過去の貸し倒れ、遅延無し

LENDEXでは2017年のサービス開始から現在(2019年7月時点)までの間、一度もファンドの貸し倒れも遅延も発生させずに配当を継続させています。
将来的に保証されたものではないため、投資成績の参考程度に考えて下さい。
口座開設などはこちらへLENDEX

コメント