【2024年7月】各サービスで実施中のキャンペーン

今回の物件は京都清水寺から徒歩10分!京都の実際の宿泊者の状況は?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFの利回り不動産7月10日(水)19時から新ファンドが募集開始の予定です!

今回募集される「利回り不動産58号ファンド(京都町屋再生プロジェクトVol.2)」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:1億2,600万円
  • 想定利回り:8.00%(年率)
  • 運用期間:約1年
  • 劣後割合:10%
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
北は北海道から南は沖縄の物件までに投資機会のある不動産型CF「利回り不動産」から今回は京都物件の登場。

ちなみに利回り不動産によれば今回の物件のウリは「二年坂(二寧坂)徒歩2分」ようですが、清水寺正門までも徒歩10分程度のようです。

参考 Googleルート検索

また今回のファンドでは2戸の連なる物件を宿泊・ギャラリー施設として柔軟に利用出来る町屋として再生される予定となっています。

このため海外旅行者によるオーバーツーリズムが叫ばれる京都市内において「町屋」的な施設は高い需要が期待出来るかもしれませんね。

「新規会員登録キャンペーン」実施中!

  • 期間は7月31日(水)まで
  • 新規会員登録完了で1,000円分
  • 本登録完了後期間中の累計10万円以上の投資で5,000円~28万円分ワイズコインが貰える。

利回り不動産

今回の投資対象不動産について

さて、今回のファンドの投資対象は京都府京都市東山区高台寺に所在する2戸の古屋とのことです。

築年月 1966年1月、5月(築57年)
構造 木造瓦葺
階数 2階建
戸数 2戸
アクセス 京阪電気鉄道京阪本線「祇園四条」「清水五条」駅徒歩25分
まさお
まさお
今回の物件は築57年と「住む」には古く感じそうですが、「泊まる」には古民家的で受けが良さそうでしょうか。
また今回、この古屋を町屋に改修するのは利回り不動産で2回目の登場となる台湾の建築クリエイター集団「襲園(シュウエン)グループ」。
その第1段の「京都町屋再生プロジェクトVol.1」は来年2月まで運用予定のため、すでに投資中の方は6ヵ月程度リスクの重複がありそうです。
まさお
まさお

このため対象の方は慎重に検討されることをお薦めしますが、ご興味あればチェックしてみては如何でしょうか。

利回り不動産

京都のホテル稼働率の実態について

ちなみに冒頭でオーバーツーリズムについてご紹介しましたが2023年7月の記事で2022年の主要ホテル稼働率は52.5%という記事がありました。

参考 昨年の京都市主要ホテル稼働率は52・5%

この数字を見ると半分程度しか稼働していないように見えますが、これはあくまでも2022年の話。

円安の影響もあるとは思いますが、京都市観光協会のレポートによると最近では月別で80%を超える月も多いようですね。

もちろんこの割合は「主要ホテル」の稼働率であって今回の物件のような小規模施設とは違うかもしれませんね。

ただし「京都市内の宿泊者が増えている」可能性は高そうなので、今回の物件にも安定した宿泊客が見込めることを期待したいですね。

利回り不動産

投資特典(宿泊券など)について

なお今回のファンドへの投資でいくつかの投資特典の抽選対象になることが出来ます。

  • 襲園グループ運営の京都宿泊施設ご招待(100万円以上、3組6名様)
  • 襲園グループ運営の自家農園で育てた熟成台湾紅茶(10名様)
  • 京都の老舗「三嶋亭」の「黒毛和牛すき焼きセット【マル】」(3名様)
まさお
まさお

投資特典はあくまでもおまけですが、個人的には宿泊施設ご招待が一番嬉しい特典だと思っています。

ただし僕は1ファンドに100万円以上投資することはほぼ無いので、対象外なのが残念ですが笑

利回り不動産

利回り不動産はマンションや商業ビル物件を中心とした不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

※7月31日(水)までの新規会員登録で1,000円分、本登録完了後期間中に累計10万円以上の投資で5,000円~28万円分ワイズコインが貰えるキャンペーン実施中!

タイトルとURLをコピーしました