今月も見逃しキャンペーンが無いか超チェック!

利回り不動産から人気のBULK x お年玉ファンド登場!ただし気になる3つのポイントも。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFの利回り不動産で1月11日(水)12時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 利回り不動産のメリット・デメリット

今回募集される「利回り不動産35号ファンド(札幌BULK3)」ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:1,980万円
  • 予定利回り:5.0%(年率)
  • 運用期間:約12ヵ月
  • 劣後出資割合:10%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお
今回は利回り不動産で人気のBULKファンド。

BULKファンドは1つのファンドで複数の物件に分散投資が出来るため利回り不動産のファンドの中でも人気のファンドとなっています。

また今回のファンドは利回り不動産で2023年1月に実施される「ワイズコイン山わけキャンペーン」の対象ファンドでもあります。

ワイズコイン山わけキャンペーン

このキャンペーンは何とファンド抽選に落選しても山わけ対象になる豪華?な企画となっているため、抽選申込が殺到しそうですね。

ただしファンドの内容を見ると3点ほど気になるポイントも。

利回り不動産

①予定利回りがちょっと気になる

今回の投資対象物件は利回り不動産で過去に3回ずつ募集のあった次の3物件。

  • メゾン・ド・グルー
  • ラ・パルフェ・ド札幌
  • コロナード中島

このうち本日時点ではコロナード中島は運用終了中、残りの2物件はもう間もなく終了予定となっています。

ただちょっと気になるのがその3物件の過去ファンドの予定利回りがすべて7.0%だったのに対して、今回は5.0%に落ちている点。

同じマンションの別部屋の可能性もありますが現時点では確認が取れていません。

今回のファンドに投資を考えている方はその点も踏まえて検討されることをお勧めします。

まさお
まさお

といっても普通に考えると利回り5.0%はそれなりに高い利回りなんですけどね。

利回り不動産

②運用期間がちょっと気になる

①と同様に3物件の過去ファンドの運用期間を比較すると今まではすべて6カ月運用だったのに対して、今回は12カ月とやや長めになっている点。

このため短期間で資金を回したい方は今回のファンドに投資するべきかどうか今一度検討してみることをお勧めします。

まさお
まさお

ちなみに運用期間が長めになると運用期間前の準備期間や後の計算期間の影響が小さくなるメリットもあります。

利回り不動産

③募集金額がちょっと気になる

過去3物件の今までの募集期間は合計2,520万円(495万円、630万円、1,395万円)なのに対して今回の募集金額は1,980万円。

また各ファンドの劣後出資割合はすべて変わらず同じ10%でしたので、3物件の物件の評価額が下落している可能性があります。

各物件はすでに築30年を超えているため物件評価額が下がるのは仕方ないとは思いますが前回からの急落は少し気になりますね。

まさお
まさお

とは言え本ファンドはインカムゲイン(賃料収入)型のファンドなのであまり影響は無いのかもしれませんけどね。

利回り不動産

ファンドの他のポイントについて

最後に、ここまででご紹介していない今回のファンドのポイントもさらっとご紹介しておきます。

まさお
まさお

全体的に今回のファンドはワイズコイン山わけキャンペーンもあるので是非応募したいと考えています。

ただし先ほど挙げたような気になるポイントもありますので、みなさんも投資応募の際にはじっくり検討してご判断してみて下さい。

とは言えそうして投資応募される方が減ったら山わけになるコインが増えるので僕としては有難いかもしれませんけどね笑

利回り不動産

利回り不動産はマンションや商業ビル物件を中心とした不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました