【2024年6月】各サービスで実施中のキャンペーン

Rimple3周年記念ファンドにまつわる2つの数字の謎

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのRimpleで2月24日(金)18時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 Rimpleのメリット・デメリット

今回募集される「Rimple’s selection #54」ファンドの主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:5,999万円
  • 予定分配率:4.28%(年率)
  • 運用期間:約6ヵ月
  • 劣後出資割合:30%
  • 募集方式:抽選式
まさお
まさお
キャンペーン対象ファンドを除き、最近は利回り3%未満が多いRimpleから4.28%の高利回りファンドの募集です。

ちなみに今回の高利回りの理由は記事タイトルにもしていますがサービス開始から3周年を記念してとのこと。

Rimple 3周年記念

※Rimpleのサービス開始は2020年2月5日ですね。

ただ少し気になるのは予定分配率4.28%という数字。

Rimpleのファンドの予定分配率は過去全て小数点第一位までしか無かったのに今回に限って第二位が設定されているのが謎ですよね。

まさお
まさお

何かのミスで4.28%としてしまい修正案内を出すよりはこのままでとなったのでは…と予想していますが謎です笑

とは言え我々投資家としては実際に表示された予定分配率の通り分配が行われれば問題無いので、今回も積極的に応募する予定です。

Rimple(リンプル)

5,985万円⇒5,999万円の謎

実は今回募集される物件「クレイシア文京本郷」の部屋は2023年1月12日運用終了の「Rimple’s selection #39」と同じ2部屋です。

ただその募集金額(および劣後出資額を含めた出資総額)は見出しの通り若干前回よりも大きくなっています。

その理由は投資家限定情報の「不動産調査報告概要」で確認出来ますが、要するに物件の価値が前回募集時よりも上昇しているということですね。

まさお
まさお

最近も東京の中古マンション価格は上昇していると聞きますし、そう考えると納得ですね。

またファンド募集前にきちんと不動産調査をし直している点も流石、東証プライム上場企業といったところでしょうか。

Rimple(リンプル)

「クレイシア文京本郷」の登場は11回目

そう言えば今回の物件「クレイシア文京本郷」の登場はこれで11回目になりました。

また前回「クレイシア秋葉原」の際に調査しましたが秋葉原の方が11回目で登場回数1位でしたので文京本郷もこれに並んだことになります。

予定分配率5%の「Rimple's selection #52」はn回出場の最多出場選手!その傾向は?
こんにちは!管理人まさおです。 まさお 不動産型CFのRimpleで1月27日(金)18時から新ファンドが募集開始の予定です! 参考 Rimpleのメリット・デメリット 今回募集される「Rimple's selection #52」ファンド...

考えてみればRimpleの全募集回数54回のうちこの2物件で1/3以上となっているので、その点については投資の際に考慮が必要かもしれませんね。

とは言えRimpleは劣後出資割合も30%固定と安全性高めのファンド募集が多いので今後も継続してファンド応募をしていく予定ですけどね。

Rimple(リンプル)
Rimple(リンプル)

Rimpleは東証プライム企業が運営し、劣後出資割合も30%固定と不動産投資型クラウドファンディングサービスの中では最も安定性が期待できるサービスの1つです。

タイトルとURLをコピーしました