TECROWD25号の過去ファンドとの微妙な文章の違い

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
昨日、不動産型CFのTECROWDから「会員数5,000人突破のお知らせ」がありましたね!

TECROWDは2021年1月29日サービス開始で約1年での突破、おめでとうございます。

さてそんなTECROWDで本日2月3日(木)17時から25号ファンドが募集開始予定です。

  • 募集金額:4,440万円
  • 予定利回り:8.0%(年利)
  • 運用予定:24ヵ月
  • 劣後出資割合:約10.4%
  • 募集方式:先着式

投資対象物件は2号~7号と同じ新築高級レジデンス「Ambassador Residence」(区画は異なっていますが)。

前回の7号から半年が空き、またTECROWDは全案件100%の応募が集まっているため今回も満額応募が期待出来そうですね。

TECROWD

過去のファンドとの微妙な文言の違い

さてその25号ファンドですが、実は良く読むと2号~7号までとほんの少しだけ説明文が変わっている箇所がありました。

その箇所は「優先劣後構造を採用」の段落の一文で、2号~7号の元の文章がこちら。

対象不動産の売却時に値下げが発生した場合は、TECRAが先に損失を負担します

これに対して25号の同じ箇所が微妙に変わっていました。

対象不動産の売却時に元本割れが発生した場合は、TECRAが先に損失を負担します

まさお
まさお

こんな細かいとこまで気にするのは僕くらいかもしれませんが笑

変更の正確な意図は不明ですが、修正内容から「値下げとなっても元本割れしない状況」を想定していそうですね。

またTECROWDの劣後出資分も含めた「出資総額」の元本割れの話で、投資家の投資元本の手前の話となってますね。

つまり物件の値下げで即元本割れするとは限らないし、元本割れしても先にTECROWDが負担してくれるという話ですね。

また物件の想定売却価格は「出資総額」より高い設定で、多少の値下げでは投資元本に影響無いと言うニュアンスですね。

恐らく過去のファンドも同様で実態に違いは無さそうですが、25号はより投資しやすく感じる方もいるかもしれませんね。

TECROWD

タイトルとURLをコピーしました